業務提供誘引販売取引とは

業務提供誘引販売取引とは
業務提供誘引販売取引はいわゆる「内職・モニター商法」のことです。特定商取引法の規制の対象とされています。

関連ワード>特定商取引法
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

業務委託方式(out sourcing method)とは

業務委託方式(out sourcing method)とは
業務委託方式(out sourcing method)は自社でクレジットカード事業を実施するにあたり、その業務の一部または全部を他のカード会社に委託して、クレジットカードを発行する方式のことをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

業務自主規制基準(guideline of self regulations for loan business)とは

業務自主規制基準(guideline of self regulations for loan business)とは
業務自主規制基準(guideline of self regulations for loan business)は椛S国貸金業協会連合会が、旧大蔵省の行政指導に基づいて1984(昭和59)年10月に作成した自主規制基準のことです。「貸付正常化に関する自主規制基準」「取立て行為の正常化に関する自主規制基準」「広告の正常化に関する自主規制基準」の3つから成ります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

共同利用ATM(shared ATM)とは

共同利用ATM(shared ATM)とは
共同利用ATM(shared ATM)は複数の金融機関やクレジットカード会社のATMカードが利用可能なATMのことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

共同端末(joint control CAT)とは

共同端末(joint control CAT)とは
共同端末(joint control CAT)は銀行系クレジットカード業界、信販業界、チケット団体、流通業界などによる共同利用を目的として設置したCAT(クレジット・オーソリゼーション・ターミナル)のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

共同債権買収機構(Coopertive Credit Purchasig Company)とは

共同債権買収機構(Coopertive Credit Purchasig Company)とは
共同債権買収機構(Coopertive Credit Purchasig Company)はいわゆるバブル経済の崩壊に伴ない金融機関が保有することになった不動産担保付きの不良債権の処理を促進することなどを目的として1993(平成5)年1月に設立された株式会社のことです。
都市銀行、長期信用銀行、信託銀行の全行および農林中央金庫、全国信用金庫連合会と、生・損保、地方金融機関の一部などを含めた163金融機関が共同出資して設立しました。買取機構が、株主(出資金融機関)から不動産担保付きの不良債権について、同社内に設けられた価格査定方法を決定し、それに基づき買取りを実行、担保不動産の売却などにより債権を回収するというものです。当初の債権買上げに必要な資金は、当該債権を持ち込む金融機関が買収機関に融資することになっていましたが、1998(平成10)年9月には、持ち込み銀行の追加損失負担のない債権買取りが始まりました。なお、2004(平成16)年3月には、すべての業務を終了して清算の予定です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

共同管理機構構想(joint collection organization plan for bad debt)とは

共同管理機構構想(joint collection organization plan for bad debt)とは
共同管理機構構想(joint collection organization plan for bad debt)はクレジットカード会社(信販会社を含む)の不良債権を一括して取扱い、訴訟手続きや回収業務を代行しようという構想のことです。1984(昭和59)年10月に旧通産省が非公式に打ち出した構想ですが、行政の民間に対する過剰介入等の批判があり消費者相談機関の設立計画に替えられました。この結果設立されたのが鞄本クレジットカウンセリング協会です。

関連ワード>日本クレジットカウンセリング協会
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

共通鍵暗号方式(private key cryptosystem)とは

共通鍵暗号方式(private key cryptosystem)とは
共通鍵暗号方式(private key cryptosystem)は通信ネットワーク上の暗号の1つで、暗号化するときと元の文書に戻すとき(複合)に同じ鍵を使うものをいいます。情報の送り手は秘密鍵を使って文書を暗号化します。インターネットを通してその情報を受け取った人も同じ秘密鍵を使って文書を元に戻します。したがってこの方式ではあらかじめ双方が同じ鍵を持っている必要があります。

関連ワード>公開鍵暗号方式
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

供託法(the Deposit Law)とは

供託法(the Deposit Law)とは
供託法(the Deposit Law)は債務者が弁済しようとしても債権者が受領を拒んだような場合に、債務者は供託所に金銭、有価証券などを供託することによって債務を解消することができます。このような供託の手続きについて定めているのが供託法です。明治32(1899)年公布、その後数回にわたり改正されています。なお、広義には供託手続法規を総称して供託法という場合があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

供託(deposit)とは

供託(deposit)とは
供託(deposit)は金銭、有価証券その他の物について供託所または特定の倉庫営業者・銀行に管理を委ね、債務の弁済等の一定の法律上の目的を達しようとする制度のことです。供託を義務付けたり、許容する法令の規定は多岐にわたっており、弁済供託、保証供託、執行供託、保管供託などがあります。手続きは供託法、供託規則に規定されています。

関連ワード>供託法
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

通貨オプション取引(currency option transaction)とは

通貨オプション取引(currency option transaction)とは
通貨オプション取引(currency option transaction)はオプション取引を通貨に適用したものです。「通貨の選択権付先物取引」のことをいいます。「オプション取引」とは、所定の期間内に事前に定めた価格で、特定の資産の売買を実施する選択的権利(権利を行使しなくてもよい)のことです。通貨オプションは、将来の為替変動に対するリスクヘッジ手段として、1980年代後半から普及してきました。

関連ワード > ALM、オプション取引
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「つ」から始まる金融用語解説

通貨(貨幣)(money; currency)とは

通貨(貨幣)(money; currency)とは
通貨(貨幣)(money; currency)は一般に、流通手段・支払(取引)手段、価格の尺度、購買力の保蔵手段として機能するものです。銀行券・補助貨幣等の現金通貨のほか、当座預金、普通預金等の預金通貨を含みます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「つ」から始まる金融用語解説

ツインカード(twin-card)とは

ツインカード(twin-card)とは
ツインカード(twin-card)は提携カードの1つの方式で、カード発行会社が販売業者等他社のカードを代行発行する際に、カード発行会社のカードを同時発行するというものです。ダブルカードの機能と2枚のカードを分けたものです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「つ」から始まる金融用語解説

賃貸借契約(lease contract; hiring of things)とは

賃貸借契約(lease contract; hiring of things)とは
賃貸借契約(lease contract; hiring of things)は民法で定める典型契約の1つです。当事者の一方が、相手方にある物を使用させる代わりに、相手方から賃料を徴収することを約束した契約です(民法601条〜622条)。

関連ワード > 契約
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

陳述(statement; oral statement; allegation; assertion)とは

陳述(statement; oral statement; allegation; assertion)とは
陳述(statement; oral statement; allegation; assertion)は訴訟当事者または訴訟関係者が、裁判所に対して、その係争事件に関する事実上または法律上の状態について、自分の認識・判断を書面または口頭で述べることをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

貯蓄預金(savings account; savings deposit)とは

貯蓄預金(savings account; savings deposit)とは
貯蓄預金(savings account; savings deposit)は流動性預貯金の1つです。1992(平成4)年6月に、預貯金金利完全自由化の実現を展望した流動性預貯金金利の自由化第1弾として導入されました。普通預金、通常貯金より金利は高い反面、公共料金やクレジットカードの購入代金などの自働引落しができないなど、決済機能に制限があります。1994(平成6)年10月から流動性預金金利が完全自由化されたのに伴ない、最低預入残高の多様化など各金融機関によって商品性の見直しもなされています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

貯蓄金融機関(thrift institution)とは

貯蓄金融機関(thrift institution)とは
貯蓄金融機関(thrift institution)は米国における、主として貯蓄預金を原資にモーゲージローン(不動産担保貸出)を提供する金融機関です。貯蓄貸付組合(S&L)、相互貯蓄機構、信用組合の総称です。

関連ワード > S&L
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

直接税(direct tax)とは

直接税(direct tax)とは
直接税(direct tax)は税金を納める者と実際に税金の負担者が一致する税金をいいます。所得税、法人税、相続税、固定資産税、事業税などがあります。

関連ワード > 間接税
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

直接金融(direct financing; direct loan)とは

直接金融(direct financing; direct loan)とは
直接金融(direct financing; direct loan)は金融機関を通さずに、最終的な借り手が最終的な貸し手から直接資金を調達することです。消費者信用で「直接金融」という場合は、販売信用(間接金融)に対する意味でキャッシュローン(金銭の貸付)を意味します。

関連ワード > キャッシュローン > 間接金融
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

貯金(savings)とは

貯金(savings)とは
貯金(savings)は預金と同義です。決済手段として、あるいは短・中期の貯蓄手段として、家計・企業等に幅広く保有されている代表的な金融資産です。「貯金」という用語は、農協・漁協および郵便局が受け入れた場合に用いられ、銀行・信金・信託等が受け入れた場合は、通常、「預金」と呼ばれます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。