チェックデジット(check digit)とは

チェックデジット(check digit)とは
チェックデジット(check digit)はクレジットカードの会員番号が正しいかどうかをチェックするために、会員番号に組み込まれている、特別な暗号式により算出された数値をいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

地域通貨(community money)とは

地域通貨(community money)とは
地域通貨(community money)は特定の地域やグループ内で、サービスや物を循環させるために地域住民やグループ構成員が独自に発行する通貨です。エコマネーもその1つです。これに対し、国が発行する通貨を法定通貨といいます。

関連ワード > エコマネー
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

単利(simple imterest)とは

単利(simple imterest)とは
単利(simple imterest)は利息の計算方法の1つです。利息は元本からのみ発生し、利息を中途で元本に組み入れない方法です。単純利息ともいいます。金銭消費貸借における金利計算は、通常単利方式に基づいて行ないます。具体的には、元本をp、単位期間の金利をr、貸借期間をnとすると、n期における元利合計金額は、p(1+rn)と表すことができます。

関連ワード > 複利
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

単名手形(single name bill)とは

単名手形(single name bill)とは
単名手形(single name bill)は手形面上手形債務者として署名した者が1人だけの手形をいいます。手形債務者が2人以上ある複名手形に対するものです。振出人の署名しかない約束手形や、引受済の自己宛為替手形がその例です。単名手形は、銀行から手形貸付を受ける場合や貸金業者から貸付を受ける場合に、借用証書の代わりに利用されることがある。

関連ワード > 手形、手形貸付 > 複名手形
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

端末装置(terminal unit)とは

端末装置(terminal unit)とは
端末装置(terminal unit)はコンピュータのオンラインシステムに接続されている、データを入出力するための装置です。中央演算装置(センターマシン)に情報を入力したり、情報を取り出したりします。CD、ATM、POS、CATなどはいずれも端末装置の一種です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

担保権(security right; right of pledge)とは

担保権(security right; right of pledge)とは
担保権(security right; right of pledge)は債務者の債務不履行の場合に備えて、債権者の債権を担保するために設定される権利のことです。保証契約のように人(保証人など)に対する権利を人的担保、抵当権や質権などのようにある財産に対する権利を物的担保といいます。「担保権の実行」というように、通常は後者の意味で用いられます。物的担保では特定の財産に対する優先弁済権がありますが、人的担保では保証人などの一般財産を引当てとするもので優先弁済権はありません。

関連ワード > 担保権の実行
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

担保貸し/担保付貸付(secured loan; collateral loan)とは

担保貸し/担保付貸付(secured loan; collateral loan)とは
担保貸し/担保付貸付(secured loan; collateral loan)は担保の提供を条件に行なう融資(貸付)のことです。担保には人的担保と物的担保がありますが、物的担保のみがついた貸付をいうことが多いです。担保ローンともいいます。不動産を担保にする場合は抵当ローン(モーゲージローン=mortgage loan)、動産を担保にする場合はチャトルローン(chattel loan)、セキュリティローン(証券担保ローン=securities loan)などと呼ばれます。

関連ワード > 抵当ローン > 無担保貸付/無担保ローン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

担保(collateral; security; warranty)とは

担保(collateral; security; warranty)とは
担保(collateral; security; warranty)は広義には、売り主の担保責任や損害担保契約のように、将来他人に与えるかもしれない不利益や損害の引き当てとなるものをいいますが、狭義には、連帯保証や抵当権の設定のように債務不履行に備えて債権者に提供され、債権の弁済を確保する手段となるものをいいます。保証や連帯債務などの人的担保と、抵当権や質権・譲渡担保などの物的担保とがあります。通常は「担保・保証」という場合のように、物的担保の意味で使われることが多いです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

団体信用生命保険(group life insurance for credit; group credit insurance)とは

団体信用生命保険(group life insurance for credit; group credit insurance)とは
団体信用生命保険(group life insurance for credit; group credit insurance)は団体定期保険の1形態です。住宅ローンなどの債務者に掛ける団体扱いの保険で、債務の返済が完了する以前に債務者が死亡した場合、未返済債務を死亡保険金で一括弁済する仕組みの保険です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

単純保証人(simple guarantor; simple suretyship; simple security)とは

単純保証人(simple guarantor; simple suretyship; simple security)とは
単純保証人(simple guarantor; simple suretyship; simple security)は借り手の債務を、貸し手に対して保証する人です。単純保証人は、借り手の債務不履行により、債権者から弁済を請求された場合、まず債務者に対して催告をなすよう請求する権利(催告の抗弁権=民法452条)があり、さらに、主債務者に弁済の資力があり、かつ執行が容易であることを証明することにより、債権者に対して主債務者の財産に執行をするよう請求する権利(検索の抗弁権=民法453条)があります。これに対し、連帯保証人については、こうした権利は認められていません。

関連ワード > 連帯保証人
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

短資会社(bill brocer; call company)とは

短資会社(bill brocer; call company)とは
短資会社(bill brocer; call company)は短期金融市場における仲介業者です。短資会社は出資法により貸金業の扱いを受けていますが、実際には政令により金融庁の監督下におかれています。主な業務内容としては、コール市場の貸借もしくはその貸借の仲介、手形の売買、国際証券などの売買、CDの売買・仲介、外国為替売買の仲介、インターバンク預金の仲介等があげられます。短資会社は日本銀行とも取引を行なっており、日本銀行が行なうマーケット・オペレーションなど金融政策の実践の場を担当する機関としても、重要な役割を果たしています。

関連ワード > コール市場
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

短期プライムレート(短プラ)(short-term prime rate)とは

短期プライムレート(短プラ)(short-term prime rate)とは
短期プライムレート(短プラ)(short-term prime rate)は短期貸出について適用される最優遇金利です。公定歩合に連動して変更されていましたが、1989(平成元)年1月以降はいわゆる新短プラに移行しています。

関連ワード > プライムレート
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

短期賃貸借(short-term lease)とは

短期賃貸借(short-term lease)とは
短期賃貸借(short-term lease)は民法602条に定める賃貸借で、植林用の山林では10年、その他の土地では5年、建物では3年、動産では6ヶ月以内のものをいいます。上記の短期賃貸借は、抵当権の設定登記後にに登記されたものでも抵当権に対抗することができる(民法395条)ことから、先順位抵当権の妨害の手段とされるなど種々の問題を生じています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説

繰上償還(advanced redemption; early payoff)とは

繰上償還(advanced redemption; early payoff)とは
繰上償還(advanced redemption; early payoff)は債務を、満期到来以前に返済することをいいます。期限前弁済です。

関連ワード>早期返済
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クラシックカード(classic card)とは

クラシックカード(classic card)とは
クラシックカード(classic card)は「通常カード」の意味です。ゴールドカードなど新しいタイプのカードと区別する意味で使われます。「ホワイトカード」と呼ぶ場合もあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クライアントサーバーシステム(client server(C/S)system)とは

クライアントサーバーシステム(client server(C/S)system)とは
クライアントサーバーシステム(client server(C/S)system)はネットワーク通信で、利用者側をクライアント、処理システム側をサーバーとして、仕事を分担処理する仕組みのことです。サーバーは大容量のディスクを備え、クライアントからの要求に応じて、種々のデータ処理機能や資源管理機能を提供します。クライアント側で一定の前処理を済ませておくことで、システム全体の効率が高まり、サーバー側からの応答も速くなります。自立分散強調システムを実現するための、基本的なシステム構成です。

関連ワード>ピア・トゥ・ピア
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クーリングオフ(cooling-off:right of rescission;right of cancellation)とは

クーリングオフ(cooling-off:right of rescission;right of cancellation)とは
クーリングオフ(cooling-off:right of rescission;right of cancellation)はもとは冷却する、頭を冷やすの意です。消費者が訪問販売等で商品の購入も仕込みをした場合、一定の期間内であれば自由に申込の撤回または契約の解除ができる制度または権利をいい、消費者に再考する期間(クーリングオフ期間)を保障するものです。クーリングオフ期間は取引や契約の種類・態様によって異なります。消費者がクーリングオフを実行した場合、訪問販売業者等は損害賠償や違約金の支払いの請求が出来ません。契約解除の意思表示は、「書面」で行なうことが必要です。具体的には、内容証明および配達証明郵便で行ないます。ただし、クーリングオフはあらゆる場合に適用されるわけではなく、特定商取引法や割賦販売法によって次のような適用除外のケースが定められています。
@乗用自動車(割賦販売法では自動車、運搬車)
A使用または一部消費した健康食品、コンドーム、化粧品、履物など
B現金取引でその代金または対価の総額が3
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クーポン(coupon)とは

クーポン(coupon)とは
クーポン(coupon)は各種回収券、切り札、予約通し切符債の利札などのことです。信販業界では、昭和20年代から30年代中頃に掛けて、掛売りの手段としてクーポン券(またはチケット)制度を採用していました。これが後に、クレジットカードにとって代わって今日に至っています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

デュアリティ(duality)とは

デュアリティ(duality)とは
デュアリティ(duality)は1つのカード会社が競争関係にある2種類のカードを発行することをいいます。米国では1970年代末にバンク・オブ・アメリカ(VISAカード発行主体)がマスターカードの発行に踏み切ったのが皮切りです。わが国では1983(昭和58)年から84年にかけて、いくつかの都市銀行が2つの系列カード会社をつくり、それぞれ別のブランドのカードを発行(例えば、旧三井銀行系の三井カードサービスはJCBカードを、三銀クレジットはUCカードを発行)していますが、VISAとマスターカードの本格的デュアリティは、1989(平成元)年のディーシーカードが初めてです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

諾成契約(consensual contract)とは

諾成契約(consensual contract)とは
諾成契約(consensual contract)は要物契約に対するもので、当事者の合意だけで成立する契約をいいます。売買、賃貸借などの民法の典型契約は、多くが諾成契約です。

関連ワード > 要物契約
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。