サブプライム市場(subprime market)とは

サブプライム市場(subprime market)とは
サブプライム市場(subprime market)は比較的信用度の高くない消費者層への金融市場のことです。1990年代に入り米国で急激成長してきた市場の1つです。信用度の高くない層には、低所得者層とともに個人信用情報の履歴に問題を抱えているなど信用リスクが高い顧客層をも含み、とくに後者の急増が市場の急成長の要因です。FRB(連邦準備制度理事会)の推定では、米国における年収25000ドル以下の低所得者層は約3900万世帯であり、全世帯の37.4%を占める巨大市場です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

差押命令(order of attachment)とは

差押命令(order of attachment)とは
差押命令(order of attachment)は債権者が申し立てた債務名義に基づいて、債務者の財産について、その処分を制限する裁判所の命令です。債務者の所有している債権を、裁判所の管理化に置き、債務者がこれを勝手に処分できないようにします。

関連ワード > 差押え
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

差押禁止財産(property prohibited to be attached)とは

差押禁止財産(property prohibited to be attached)とは
差押禁止財産(property prohibited to be attached)は債務者に属する財産であっても、強制執行の目的物として差し押さえることを禁止されている財産のことです。民事執行法は、131条で動産について、152条において債権について差押禁止財産を規定しています。いずれも、債務者の最低限の生活を保障することを主目的が置かれています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

差押え(attachment; garnishment)とは

差押え(attachment; garnishment)とは
差押え(attachment; garnishment)は債務不履行者の債権(財産)を裁判所の管理下におく行為または手続きをいいます。債務不履行に対して、債権者は「債務名義」に基づいて、裁判所に対し債務者のもつ各種債権についての「差押命令」を出してもらいます。裁判所の差押命令によって差し押さえた債権については、債務者は事実上、法律上の処分が禁止されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

錯誤(mistake of fact(law))とは

錯誤(mistake of fact(law))とは
錯誤(mistake of fact(law))は人が認識したところと認識した対象である事実が一致しないことをいいます。契約などの法律行為の重要な部分である要素に錯誤があるときは、その意思表示は無効となります(民法90条)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

先物取引(futures transaction)とは

先物取引(futures transaction)とは
先物取引(futures transaction)は3ヵ月後や6ヵ月後などの、将来の時点における、商品の受渡しと取引条件を現在時点で契約する取引です。転売または買戻しをして、売買差額を清算することができます。価格変動リスクを回避することを目的としたもので、商品取引所はこの取引を専門に行なう市場です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

データウェアハウス(date warehouse)とは

データウェアハウス(date warehouse)とは
データウェアハウス(date warehouse)は時系列に蓄積された大量の業務データを、データベース化して一元管理し、ビジネスを遂行するうえで、そのデータを分析しながら自由自在に引き出して活用できるシステム環境をいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

ディレイドデビット(delayed settlement debit)とは

ディレイドデビット(delayed settlement debit)とは
ディレイドデビット(delayed settlement debit)はデビットカードのうち、利用時から決済までに2〜3日かかるタイプのものをいいます。ディファードデビット(deferred debit)ともいいます。

関連ワード > ダイレクトデビット
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

定量分析(quantitative analysis)とは

定量分析(quantitative analysis)とは
定量分析(quantitative analysis)は物質や現象を量的観点から分析することです。消費者信用で、「定量分析」という場合は、与信判断の際に、返済能力(ability to pay)を判断することをいいます。

関連ワード > 定性分析
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

定率リボルビングシステム(revolving credit system based on percentage minimum payment)とは

定率リボルビングシステム(revolving credit system based on percentage minimum payment)とは
定率リボルビングシステム(revolving credit system based on percentage minimum payment)はミニマムペイメント(毎月の最低支払義務額)を、毎月締め日における残債(残存元本)の一定割合(通常は5%〜10%の範囲で決められます)の元金と1ヵ月間の発生利息を加えた額とする方法のリボルビングシステムです。例えば、前月の締め日における残債が10万円、ミニマムペイメントの定率が5%、月間金利が1%とした場合、当月のミニマムペイメントは、10万円×5%=5
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

抵当ローン(mortgage loan)とは

抵当ローン(mortgage loan)とは
抵当ローン(mortgage loan)は担保として不動産への抵当権の設定を条件に行なう金銭の貸付です。一般に、中・高額、長期、低金利のローンが多いです。

関連ワード > モーゲージローン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

抵当証券(mortgage securities)とは

抵当証券(mortgage securities)とは
抵当証券(mortgage securities)は1931(昭和6)年の抵当証券法に基づいて、抵当権と被担保物権の両者を一体化した一種の有価証券です。具体的には、長期資金(一般に10年以上)の調達を希望する個人事業主や中小企業に対し、抵当証券会社が必要資金を融資し、その資金(融資額)と同額の抵当証券を国(登記所)から発行してもらいます。抵当証券会社はこの抵当証券を少額単位のモーゲージ証券にして、一般消費者に販売する仕組みになっています。なお、1987(昭和62)年12月に、「抵当証券業の規制等に関する法律」が公布され、抵当証券業者の登録制度が義務づけられました。

関連ワード > モーゲージローン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

抵当権(mortgage; affection; hypothec)とは

抵当権(mortgage; affection; hypothec)とは
抵当権(mortgage; affection; hypothec)は民法369条以下の規定で、債権者が担保物権(抵当物件)の引渡しを受けずに、抵当権設定者(一般には債務者または保証人)に使用させておき、債務不履行の場合に、その担保物権を競売などの方法で換価し、優先的に債権の弁済を受けることを目的とする担保物権です。質権と違って留保効力はもたないため、弁済期まで債務者もしくは物上保証人の手元に、目的物の占有を残しておくことになります。不特定の債権を担保する根抵当も抵当権の一種です。

関連ワード > 質権
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

定性分析(qualitative analysis)とは

定性分析(qualitative analysis)とは
定性分析(qualitative analysis)は物事の「性質」を分析することです。消費者信用において「定性分析」という場合は、与信判断の基準の1つをさし、「返済意志の強さ」を分析することをいいます。「定量分析」が、いくらまで貸せるかを判断する分析作業であるのに対し、定性分析は、まず「貸せるか、貸せないか」を判断するものといえます。

関連ワード > 定量分析
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

ディスクロージャー(disclosure)とは

ディスクロージャー(disclosure)とは
ディスクロージャー(disclosure)は開示(制度)ともいいます。「企業情報開示」の意味で使われることが多いです。狭義には、主として投資家保護の立場から投資対象の内容を一般に公開することです。その際、迅速、公平、正確の3原則を同時に満たすことが求められます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

呈示期間(time of presentation; presentation period)とは

呈示期間(time of presentation; presentation period)とは
呈示期間(time of presentation; presentation period)は手形や小切手の所持人が、手形・小切手の支払いまたは引受けを受けるため呈示を必要とされる期間のことです。手形の場合は、支払期日を含む3日間です、この3日間の間に、銀行の休業日があれば、その日数だけ日延べします。一方、国内で振出し、支払地も国内である小切手については、呈示期間は振出日の翌日から数えて10日間(振出日を含めると11日間)です。最終日が銀行の休業日の場合のみ、その日数分日延べされます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

提携ローン(affiliated loan; closed-end third party credit)とは

提携ローン(affiliated loan; closed-end third party credit)とは
提携ローン(affiliated loan; closed-end third party credit)は小売店(販売業者)が、金融機関などと提携して、商品の購入代金につきローンの取扱いを行い、クレジット会社がローン返済の保証をする取引です。消費者が物資やサービスを購入する際、代金をクレジット会社の保証付きで金融機関から借入れできる方法です。

関連ワード > ローン提携販売
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

提携カード(affiliated card)とは

提携カード(affiliated card)とは
提携カード(affiliated card)は小売店などがクレジットカード会社や信販会社などと提携して発行する、自社ブランドのクレジットカードのことです。提携カードには、代行カード、ダブルカード、スイッチカード、ツインカード、短期国債カードなど、提携の仕組みや内容によってさまざまな種類があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

テイクワン・システム(take-one system)とは

テイクワン・システム(take-one system)とは
テイクワン・システム(take-one system)はクレジットカードなどの申込書を、加盟店の店頭や駅、空港、ホテルなど人が多数集まる場所に設置しておくマーケティング手法です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

定期積金(fixed-term installment savings)とは

定期積金(fixed-term installment savings)とは
定期積金(fixed-term installment savings)は定期的に一定の金額を一定期間積み立て、満期日に積立総額と給付補填金(預金利子に相当)を合わせて受け取る内容の貯蓄商品です。通常、定期積金は、金融機関によるか掛金集金を原則とし、取扱い金融機関は信金、信組、農協等が中心となっています。積立期間は6ヵ月以上で、実際には1〜5年が多いです。なお、給付補填金は税法上雑所得に分類され、総合課税の対象となります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。