クレジットワーシー(credit-worthy)とは

クレジットワーシー(credit-worthy)とは
クレジットワーシー(credit-worthy)は信用供与に値するだけの「信用力がある」ことをいいます。

関連ワード>与信判断
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットリスク(credit risk)とは

クレジットリスク(credit risk)とは
クレジットリスク(credit risk)は消費者信用は、無形の「信用」を担保としてモノを販売したり金銭の貸出を行なうため、信用供与者の総債権の中には満期時あるいはそれ以降にも回収できないケースが発生します。こうした「不良債権の発生」をクレジットリスクといいます。

関連ワード>大数の法則
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットライン(credit line)とは

クレジットライン(credit line)とは
クレジットライン(credit line)は利用限度額、貸出限度額ともいい、与信限度枠のことをいいます。クレジットカードやカードローンのような商品の利用者に対して行う信用供与の上限のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットビューロー(credit bureau)とは

クレジットビューロー(credit bureau)とは
クレジットビューロー(credit bureau)は個人信用情報機関のことです。資金供給者が互いの情報を交換することで過剰融資を防止する非営利型の個人情報機関を「レンダースエクスチェンジ」と呼ぶことに対して、第三者が営利事業ととして行なう個人信用情報機関を「クレジットビューロー」と呼びます。日本の個人信用情報機関はレンダースエクスチェンジ型ですが、米国の個人信用情報機関はクレジットビューロー型です。

関連ワード>個人信用情報機関、レンダースエクスチェンジ
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットヒストリー(credit history)とは

クレジットヒストリー(credit history)とは
クレジットヒストリー(credit history)はローンやクレジットの過去の利用および返済実績のことをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットビジネス(credit business)とは

クレジットビジネス(credit business)とは
クレジットビジネス(credit business)は消費者信用を中核業務とする業態のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジット販売(credit sales)とは

クレジット販売(credit sales)とは
クレジット販売(credit sales)は信用販売のことです。後払いで商品やサービスを販売することです。

関連ワード>信用販売
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットバウチャー(credit voucher)とは

クレジットバウチャー(credit voucher)とは
クレジットバウチャー(credit voucher)は取り消し(返品)伝票のことをいいます。日本ではクレジットカードで購入した商品を返品した場合の伝票のことを、俗に「キャンセル伝票」あるいは「赤伝」と呼んでいますが、海外では通常の売上伝票のことを「セールススリップ(sales slip)」あるいは「セールスドラフト(sales draft)」、返品伝票のことを「クレジットバウチャー(credit voucher)」といいます。

関連ワード>キャンセル伝票、クレジットスリップ
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットトラブル(credit trouble)とは

クレジットトラブル(credit trouble)とは
クレジットトラブル(credit trouble)はクレジット契約に関するトラブルのことです。クレジットトラブルの対応策の1つとして、商品・サービスに問題があり、売買契約の取り消し・解除等が生じた場合には、その抗弁をクレジット会社に行なうことができる「抗弁権の接続」が認められています。

関連ワード>抗弁権
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットスリップ(credit slip)とは

クレジットスリップ(credit slip)とは
クレジットスリップ(credit slip)は返金または返品のために作成した伝票のことです。

関連ワード>キャンセル伝票、クレジットバウチャー
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットシステム(credit system)とは

クレジットシステム(credit system)とは
クレジットシステム(credit system)は消費者が有する「信用」を最大の担保として、信用供与を行なう仕組みのことです。販売信用(間接金融)と消費者金融(キャッシュローン、直接金融)に大別されます。

関連ワード>消費者信用
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットクランチ(credit crunch)とは

クレジットクランチ(credit crunch)とは
クレジットクランチ(credit crunch)は金融の極端な逼迫、あるいは貸渋りのことです。金融が量的に極端に引き締まり、企業はもとより一部の金融機関まで、高い金利を払っても資金の取入れが不可能となる状態のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジット業界(business circle of consumer credit)とは

クレジット業界(business circle of consumer credit)とは
クレジット業界(business circle of consumer credit)は消費者信用をビジネスとする企業の集まりです。わが国では、消費者金融、信販、クレジットカード、流通(百貨店、スーパー)、メーカー割賦、中小小売商団体、通信販売、訪問販売など、多様な業界が含まれます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジット教育(education of credit)とは

クレジット教育(education of credit)とは
クレジット教育(education of credit)は消費者教育は「消費生活を営むにあたり、消費者が自らの価値観に基づいて、主体的に行動する能力を養うこt」と定義されています。その様な一連の行動の中で、クレジットが果たす役割を明確にすることがクレジット教育です。日本クレジット産業協会では、1984(昭和59)年から取り組んでいます。1991(平成3)年3月に告示された文部省の新学習指導要領では、学校教育において消費者教育を実施するよう方向性を固めました。とくに高等学校の家庭科では、この科目を男女とも必修とし、「家庭一般」「生活技術」「生活一般」の中から1科目を選択させるように改めました。さらに、これらの教科の中に共通して「家庭経済と消費」という大項目を設け、その中の小項目として「消費者信用」を掲げています。文部省編による高等がっこう家庭科学習指導要領解説では、「消費者信用」の指導内容を「消費者信用の概要と仕組みについて理解させ、その社会的・経済的背景を認識させる」、消費者信用については例えば「クレジットカードや住宅ローンなどの販売信用と消費者金融を取り扱う」としています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットカードの機能(function of credit card)とは

クレジットカードの機能(function of credit card)とは
クレジットカードの機能(function of credit card)はクレジットカードの本質的機能は「後払い」機能ですが、今日ではさらに、キャッシュレスの決済手段、自動集金(決済)機能、金融(キャッシング・ローンサービス)機能、ID(身分証明、とくに支払い可能な人物であることの証明)機能、国債為替機能、記録機能、安心機能(多額の現金の持ち歩きが不要など)、リスクヘッジ(カード保険による)、情報機能、システム対応機能(CD、ATM、インターネット通販などに対応)など、様々な機能があげられます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジットカード(credit card)とは

クレジットカード(credit card)とは
クレジットカード(credit card)は現金に代わる決済手段の1つです。後払いで商品(サービスを含む)の購入ができるカードです。クレジットカード会社が認めた会員に対して、加盟店においてカードをもって物品・サービスの購入ができるシステムです。米国で1920年代に石油会社が発行したオイルカード(ガソリン購入用カード)が始まりです。その後のT&E(travel & entertainment)カードの隆盛を経て、汎用カード(多目的=様々な店で様々な商品が購入できるカード)が主流となりました。汎用カードは1950年のダイナースカードが最初です。わが国では1960(昭和35)年に日本ダイナースクラブが61年にJCBが設立されましたが、本格的に普及し始めたのは、1968(昭和43)年に都市銀行が本格的にこれに取り組み始めてからです。銀行にとってクレジットカードの拡大は、取引先層の拡大や定着化、流動性預金の獲得につながり、商店にとっては売上げの拡大、カード所有者にとっては多額の現金の持ち運びの必要のないこと、信用を受けられること(特に海外)などの利点があります。汎用クレジットカードの仕組みは、次の通りです。
@クレジットカード会社は申込者にカードを発行し、クレジットカード会員にする
A小売店をクレジット加盟店にする
B会員は、加盟店にカードを提示してサインすると後払いで買い物ができる
C加盟店は会員の使った金額をカード会社に請求する(利用伝票をカード会社に送付する)
Dカード会社は小売店に対し、一定の加盟店手数料を差し引いて買い物金額を立替払いする
Eカード会社は会員から買い物代金を徴収する(決済口座からの自動引落し)

関連ワード>割賦販売(三社間契約)
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレジット(credit)とは

クレジット(credit)とは
クレジット(credit)は信用、販売信用、簿記では「貸し方」(=貸借対照表の右側)をいいます。「債権」「信用貸し」「融資」「名声」などを意味することもあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

グレーゾーン(gray zone)とは

グレーゾーン(gray zone)とは
グレーゾーン(gray zone)は民事上の判断機銃を示す「利息制限法」は、貸出上限金利を年15〜20%(契約金額によりことなります)としていますが、刑事罰により契約行為を禁止される基準となる出資法の上限金利は29.2%となっています(2000年6月改正)。この2法の間の金利帯を「グレーゾーン」と呼ぶことがあります。この金利帯での契約は、利息制限法では「任意の支払いの場合有効」としており、貸金業者は貸金業規制法43条でグレーゾーン範囲内の金利が有効となる条件を定められています。

関連ワード>出資法、利息制限法、43条問題
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

グレースピアリアド(grace period)とは

グレースピアリアド(grace period)とは
グレースピアリアド(grace period)は返済期間は過ぎているが、すぐ支払えば遅延損害金(late chage)などのペナルティを徴収されない範囲内の遅れの機関をさします。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

グループウェア(groupware)とは

グループウェア(groupware)とは
グループウェア(groupware)は共通の仕事や目的で働くユーザーを支援し、グループ内共有環境のインターフェースを提供するコンピュータシステムのことをいいます。グループのメンバーが集めた情報を個々が別々にもつのではなく、サーバーで一元的に管理し、各メンバーが様々な視点から取り出して利用できるようにするという考え方に基づくシステムで、電子メールやグループのスケジュール自動調整機能なども提供します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。