電子決済(electronic settlemnt; electronic payment)とは

電子決済(electronic settlemnt; electronic payment)とは
電子決済(electronic settlemnt; electronic payment)は電子商取引の代金決済を電子マネーなどの電子的な方法で行なうことです。インターネットなどのように、不特定多数の人々が参加するオープンなネットワークでは、情報の漏洩、盗難、改ざんなどが発生するおそれがあるため、セキュリティ面が課題となります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

継続的役務(recurring service)とは

継続的役務(recurring service)とは
継続的役務(recurring service)は役務(サービス)のうち長期にわたって継続的に提供されるものをいいます。エステティックサロン、外国語会話教室、学習塾など、割賦販売法や特定商取引法で指定役務とされているものがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

形成権とは

形成権とは
形成権は権利者の一方的な意思表示によって一定の法律関係を発生させる権利のことです。賃貸借契約などの解約権、債務者取消権(民法423条)、予約完結権などがその例です。請求権、支配権に対する概念です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

電子為替(electronic exchange)とは

電子為替(electronic exchange)とは
従来、国内為替取引においては「文書為替」と「電信為替」という区分が存在していますが、最近では「電信(telegraph)」の代わりにデータ通信やインターネットなどコンピュータ間通信が主流となってきています。また、外国為替取引などでも電子取引化が進展しており、とくに最近では電子情報機器(パソコンや携帯電話など)を利用した送金振込が一般化してきたことなどを受けて、それらに対応した為替取引に種類を表す言葉として利用されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

経常利益(ordinary profit;recurring profit)とは

経常利益(ordinary profit;recurring profit)とは
経常利益(ordinary profit;recurring profit)は企業の1事業年度における経常的な企業活動によって生じた利益のことです。営業利益(operating income)に営業外収益を加え、営業費用と営業外費用を差し引いたものです。企業活動の期間損益を端的に表す指標として重視されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

テレマーケティング(tele-marketing)とは

テレマーケティング(tele-marketing)とは
テレマーケティング(tele-marketing)は電話を活用したダイレクトマーケティング手法です。企業側から消費者にアプローチする掛電用の「アウトバウンド(outbound)」と、受付(受電)用の「インバウンド(inbound)」の場合に用いる手法とがあります。

関連ワード > ダイレクトマーケティング
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

テレフォンバンキング(telephone banking)とは

テレフォンバンキング(telephone banking)とは
テレフォンバンキング(telephone banking)は銀行の店頭に出向くことなく、電話により勘定系システムにアクセスし、資金移動(振替)や残高照会などを行なうシステムです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

テレフォンショッピング(telephone order shopping)とは

テレフォンショッピング(telephone order shopping)とは
テレフォンショッピング(telephone order shopping)はラジオやテレビで商品の案内を行い、電話で購入申込みを受け付ける形の無店舗販売のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

テレフォンキャッシング(telephone cashing)とは

テレフォンキャッシング(telephone cashing)とは
テレフォンキャッシング(telephone cashing)は消費者金融会社の店頭に出向く代わりに、電話で融資を申し込み、本人確認や与信審査に問題がなければ、一定の金額が所定の口座に振り込まれるシステムです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

デリバティブ(derivatives)とは

デリバティブ(derivatives)とは
デリバティブ(derivatives)は金融派生商品です。債権、株式、外国為替取引における先物、スワップ、オプション等、本来の金融商品から派生した金融取引で、バランスシートには計上されないオフバランス取引であることが特徴です。

関連ワード > 金融派生商品
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

潟eラネット(Teranet Corp.)とは

潟eラネット(Teranet Corp.)とは
潟eラネット(Teranet Corp.)は全国信用情報センター連合会(全情連)が、会員対象である消費者金融業界以外のクレジット会社などを対象に新設した個人信用情報機関です。2000(平成12)年12月に稼動しました。消費者がテラネット会員企業に与信申し込みをした場合、テラネットデータベースの登録情報だけでなく、全情連データベースから消費者金融会員の登録した借入れ件数を照会できます。債務の複合化が進んだため、業態間の部分的情報交流を実現したものです。

関連ワード > 個人信用情報機関
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

クロスセル(cross sell;cross selling)とは

クロスセル(cross sell;cross selling)とは
クロスセル(cross sell;cross selling)は一般的に、あるカテゴリーの商品・サービスを契約している顧客ないしそうした顧客セグメント(層)に対して、異なったカテゴリーの商品を・サービスをさらにセールスすることをいいます。クレジットカードビジネスでいえば、ショッピングなどのファイナンス商品をプロモーションするようなことが該当します。最近、様々な業種でCRM(customer relationship management)と呼ばれる仕組みを導入する動きが活発であるが、そうした仕組みが有効に機能しているか否かを判定する指標としても、「クロスセル率」などが適用されており、one-to-one maeketingの推進や顧客の生涯価値(LTV=life time value)の向上を目指すうえでも重要な手法です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

グローバル・スタンダード(global standard)とは

グローバル・スタンダード(global standard)とは
グローバルスタンダード(global standard)は世界標準と訳されます。世界に通用する標準的な経営手法や市場環境のことをさす場合もあります。金融の国際化、ボーダーレス化によって、わが国の金融・資本市場は世界各国の市場に統合・連動化されつつあります。そのために各金融機関や金融市場、金融システムは世界のそれらと対等な競争ができるような共通の枠組み、すなわちグローバル・スタンダードが求められています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クローズエンド・クレジットシステム(closedend credit system)とは

クローズエンド・クレジットシステム(closedend credit system)とは
クローズエンド・クレジットシステム(closedend credit system)は直訳すると「閉鎖信用体系」です。消費者信用の返済方法の種類を示す用語で、融資時点で、返済回数や毎月の返済額などが一義的に確定する種類の返済方法のことです。元金均等返済、元利均等返済などがこれに該当します。

関連ワード>オープンエンド・クレジットシステム
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クロージング(closing)とは

クロージング(closing)とは
クロージング(closing)は結論、締め括りのことです。契約に関してクロージングという場合は、最終的に合意して書類に署名捺印することをさします。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレディビリティ(credibility)とは

クレディビリティ(credibility)とは
クレディビリティ(credibility)は信用力の高さ、信頼性のことをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

クレディター(creditor)とは

クレディター(creditor)とは
クレディター(creditor)は与信者、信用供与者、債権者のことをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。