決済手段(payment system;means of payment)とは

決済手段(payment system;means of payment)とは
決済手段(payment system;means of payment)は物やサービスを購入したあとの代金の支払方法のことです。現金での支払い、クレジットカードを提示しサインすることによる預金口座からの自動引落し、郵便為替での送金、相手口座への直接振込みなど、さまざまな決済手段があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

GNP(gross national product)とは

GNP(gross national product)
GNP(gross national product)は国民総生産のことです。国民経済が一定期間(例えば1年間)に生産した最終生産物の価値額を国民生産物といいます。具体的には、生産された総産出額から、二重計算を避けるためにその中に含まれている中間財消耗額を控除した価値額のことです。もし国民生産物に固定資本財の価値減耗分を含めるなら、「国民総生産」(=GNP)といい、それを控除したものを「国民純生産」(NNP=net national product)と呼びます。国民総生産はすべての現実の市場価格で評価されます。

関連ワード > GNE
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

決済口座(settlement account)とは

決済口座(settlement account)とは
決済口座(settlement account)は公共料金やクレジットの利用代金などの返済(決済)を自動引落しで行なうための預貯金講座のことです。一般に、普通預金口座や当座預金口座が利用されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

決済確認番号(acquiere's reference number)とは

決済確認番号(acquiere's reference number)とは
決済確認番号(acquiere's reference number)はアクワイアラー(加盟店契約会社)が、カード売上げ伝票等の決済などの記録を確認するための記録番号のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

決済(Iiquidation;settlement)とは

決済(Iiquidation;settlement)とは
決済(Iiquidation;settlement)は際見を完済することによって、債権;債務関係を消滅させることです。あるいは期日到来債務を完済することです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

都銀系カード(city bank group's credit card)とは

都銀系カード(city bank group's credit card)とは
都銀系カード(city bank group's credit card)は都市銀行またはその子会社が発行するクレジットカードです。かつては、銀行系クレジットカードというと都銀系クレジットカードのことを意味していました。しかし、昭和50年代後半から末にかけて、地方銀行、相互銀行(現第二地方銀行)、労働金庫、系統農協金融機関、信用組合など他の金融機関も相次いでクレジットカード分野に参入してきたため、昭和50年代末からとくに都市銀行およびその子会社が発行するカードのことを「都銀系カード」と呼ぶようになりました。

関連ワード > 都市銀行、銀行系カード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

登録同意(individual's agreement with personal data registration)とは

登録同意(individual's agreement with personal data registration)とは
登録同意(individual's agreement with personal data registration)は特定の目的のために個人データを収集するに際して、本人(データ主体)の同意を得て収集しなければならないという、プライバシー保護の基本原則の1つです。OECDのプライバシー保護8原則の第1番目「収集制限の原則」に盛り込まれている概念です。個人信用情報機関にクレジット利用者の個人情報を登録するためには、この「登録同意」の取付けが必須条件とされています。わが国では一般に、契約書(金銭消費貸借契約書、クレジット販売契約書、カード会員約款)の中にこの「登録同意」条項が記載されています。

関連ワード > 同意文言、OECDのプライバシー保護8原則
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

登録割賦購入あっせん業者('shinpan' company)とは

登録割賦購入あっせん業者('shinpan' company)とは
登録割賦購入あっせん業者('shinpan' company)は登録制に基づく割賦購入あっせん業者のことです。分割払いのできるクレジットカードを発行するには、割賦販売法により、経済産業大臣から登録資格を得ることが必要です。ただし、中小事業組合などがカード事業を行なう場合は、登録は必要ありません。

関連ワード > 割賦購入あっせん業者、信販会社
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

盗難カード(stolen card)とは

盗難カード(stolen card)とは
盗難カード(stolen card)は盗難にあったクレジットカードのことです。米国の消費者信用保護法第1編の真正貸付法(Truth in Lending)133条では、盗難・紛失カードを「無権カード(unauthorized card)」と定義し、真のカード所有者は無権カードの不正使用被害に遭っても、50ドルを超える負担をしなくてもよいとしています。日本では、カード発行会社がカード盗難保険によって、こうした不正使用の被害をカバーしています。

関連ワード > カード盗難保険
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

GNE(gross national expenditure)とは

GNE(gross national expenditure)とは
GNE(gross national expenditure)は国民総支出のことです。国民総生産が各経済部門でどのように利用されているかという観点でみると、「国民総支出」となります。具体的には、GNE=C(家計生活費支出)十I(民間投資支出)十G(政府の財貨サービス購入)十E(輸出等)−M(輸入等)です。また、国民総支出から減価償却費を控除したものは「国民純支出」です。なお、GNPはGNEに等しいです。

関連ワード > GNP
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

CS(customer satisfaction)とは

CS(customer satisfaction)とは
CS(customer satisfaction)は顧客満足のことです。顧客の業界あるいは企業に対する満足度を調査数値化し、客観的に評価、分析するもので、それによってサービスの質の向上を目指す手法です。従来は売上げや収益によってCSを間接的に測っていましたが、CSを経営全体の目標として置き、直接的に測定していこうという考え方が、今日のCSです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

CEPS(Common Electronic Purse Specifications)とは

CEPS(Common Electronic Purse Specifications)とは
CEPS(Common Electronic Purse Specifications)は 1999年3月に実用化された、オープンでデフ
ァクト・スタンダード、しかもグローバルな利用を念頭に置いた「電子財布」システムに関する標準仕様書の名称です。スマートカード(ICカード)用のEMV(Europay社、MasterCard lntemational社、Visa International社)仕様書との互換性を前提に、相互運用可能なカードアプリケーション、カードと端末装置とのインターフェースなどを概説するとともに、システムセキュリティ、認証方式およびマイグレーション(migration=新しいシステムヘの移行)などについても記述しています。現在では30ヵ国以上にわたって、全世界における90%以上の「電子財布」プロジェクトによってCEPS標準の適用や採用が決まっています。

関連ワード > EMV仕様、電子財布
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

C&Dカード(credit and debit card)とは

C&Dカード(credit and debit card)とは
C&Dカード(credit and debit card)は クレジットカードとデ`ビットカードの両機能を兼ね備えたカードです。日木では地銀バンクカード(BC)がその例です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

潟Vー・アイ・シー(CIC=Credit lnformation Center)とは

潟Vー・アイ・シー(CIC=Credit lnformation Center)とは 
潟Vー・アイ・シー(CIC=Credit lnformation Center)は略称;CICです。旧社名は信用情報センターです。1984(昭和59)年9月に日本割賦協会(現日本クレジット産業協会)、全国信販協会(略称;信販協)、日本信用情報センター(メーカー割賦系の個人信用情報機関)の3者が、共同出資(払込資本金2億4000万円)で設立した個人信用情報機関です。 1985年4月1日から営業開始しました。 日本クレジット産業協会(既設)と日本信用情報センター(同)および信販協(設立計画)の3個人信用情報機関を、「信用情報センター」として統合・一本化して新たに発足したものです。1991(平成3)年に正式社名を潟Vー・アイ・シー(CIC)に変更しました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

CI(composite index)とは

CI(composite index)とは 
CI(composite index)は景気判断に使われる経済企画庁作成のDI(diffusion index=景気動向指数)は、景気の拡張、後退の判断はできますが、そのスピードや強さは測れません。そこで、各指標の変化の程度をも加えて合成したものがコンポジット・インデックス(CI)です。アメリカではCIが景気先行指数などに用いられています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

同時廃止(simultaneous abolition)とは

同時廃止(simultaneous abolition)とは
同時廃止(simultaneous abolition)は破産の異時廃止に対して、破産宣告と同時にされる破産廃止をいいます。破産申立てのあった債務者の財産が少なく、破産費用(管理人の報酬など)も賄えない場合には、裁判所は破産管財人の選任等の手続きをとることなく、破産宣告と同時に破産廃止の決定を行ないます(破産法145条)。免責の申立てについて特例があります(同法366条ノ2)。

関連ワード > 個人破産
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

当事者照会(inquiry of parties)とは

当事者照会(inquiry of parties)とは
当事者照会(inquiry of parties)は当事者は、訴訟の係属中に、相手に対し、主張または立証を準備するために必要な事項について、相当の期間を定めて、書面で回答するよう、書面で照会できるという制度をいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

投資信託(investment trust)とは

投資信託(investment trust)とは
投資信託(investment trust)は多数の投資家が専門家に資金の管理・運営を委ね、安全かつ有利な利益の配分を受けようとする制度です。形態は国、時代によりさまざまです。わが国の場合、1951(昭和26)年制定の「証券投資信託法」に基づいて発足しました。投資対象は株式・公社債等の有価証券で、投資家から集められた資金で作られた信託財産の運用は専業の投資信託委託会社が行い、その指図に従い信託銀行が管理・処分を行い、販売や換金は証券会社が当たっています。運用対象が公社債のみか、株式を含むかによって公社債投信と株式投信に大別され、前者が安全性を重視するのに対し、後者は収益性を目指しています。

関連ワード > MMF
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

投資(investment)とは

投資(investment)とは
投資(investment)は一般的には、利益を得る目的で資金を投入することをいいます。経済学上では、ある一定期間内における実物資本の増加分、あるいは同期間内の国民純準資産のうちで消費されなかった部分をいい、事後的には貯蓄に等しいです。一方、会計上の投資は、他事業を統制したり、取引関係を密にする目的、もしくは長期的な利殖を目的とした長期的支出の対価としての資産をいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

動産(movables; personal estate; chattel)とは

動産(movables; personal estate; chattel)とは
動産(movables; personal estate; chattel)は不動産(土地および土地の定着物)以外の資産をいいます。民法86条2項では、不動産以外の有体物はすべて動産であり、土地に付着する物(定着物でない物。例えば仮植中の樹木など)や、建物の造作ないし建具もその構成部分でないものは動産とみなすとしています。

関連ワード > 不動産
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。