公正信用報告法(FCRA=the Fair Credit Reporting Act)とは

公正信用報告法(FCRA=the Fair Credit Reporting Act)とは
公正信用報告法(FCRA=the Fair Credit Reporting Act)は米国の消費者信用保護法(Consumer Credit Protection Act)の第6編を構成する法律です。1970年制定、1971年施行されました。個人信用情報機関(credit bureau)に関する法律です。消費者保護と同時に、クレジットビューローの保護も盛り込んでいます。具体的には、情報提供先の制限、情報の償却年限(ネガティブ情報は通常7年、破産宣告は10年以上経過したものは提供してはならない)、消費者からの問い合わせ、異議申立てによる情報内容訂正システムなどです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公正信用請求法(FCBA=the Fair Credit Billing Act)とは

公正信用請求法(FCBA=the Fair Credit Billing Act)とは
公正信用請求法(FCBA=the Fair Credit Billing Act)は米国の消費者信用保護法第1編の真正貸付法(Truth in Lendings
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公正証書(notarial deed)とは

公正証書(notarial deed)とは
公正証書(notarial deed)は一般には公証人が、公証人法に基づいて当事者の要請により作成した法律行為(例えば契約)に関する証書のことです。訴訟において強い証拠力を持ちます。また、債務者の執行認諾文言のある公正証書は、債務名義と認められ、債権者は支払命令や判決などの時間を要する裁判上の手続きを経ないで強制執行ができます。

関連ワード>債務名義
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公正債権回収法(the Fair Debt Collection Practices Act)とは

公正債権回収法(the Fair Debt Collection Practices Act)とは
公正債権回収法(the Fair Debt Collection Practices Act)は米国の消費者信用保護法の第8編として1977年制定、1978年施行された法律で、クレジット業者や回収業者が、消費者から債券を取り立てる債の業務を定めたものです。例えば、@督促は葉書でしてはならない。また封書であったとしても、本人が差出人からお金を借りていることがわかるようなものは禁止、A本人以外に督促してはならない、B同一人に対して、2回以上同じことを尋ねることの禁止、C消費者が弁護士を代理人としてときは弁護士以外に連絡をとることを禁止、D勤務先での取立ての連絡を禁止しているといわれたら、回収者は勤務先に2度と連絡してはならない、E債務者の同いなく午後9時以降、午前8時前に連絡を取ってはならない、などが定められています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公信力(effect of public registration)とは

公信力(effect of public registration)とは
公信力(effect of public registration)は登記、占有などの表面に出ている事実を信頼して取引する者に対し、公示通りの法律効果を生じさせる法律上の効力のことです。日本の不動産登記は第三者対抗要件とされ、この公信力は認められていません。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公信の原則(principle for protection public registration)とは

公信の原則(principle for protection public registration)とは
公信の原則(principle for protection public registration)は登記や占有などの外形上の事実を信頼した者の権利を認め、これを保護する制度をいいます。「動的安全」ともいいます。動的安全とは、新たに取得する権利・利益を保護する法的制度のことです。これに対し、既存の権利・利益を保護しようという制度のことを「静的安全」といいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

抗磁力(coercivity)とは

抗磁力(coercivity)とは
抗磁力(coercivity)は磁気テープに一度入力した記号の消えにくさを表した指標です。抗磁力が大きいほど、高音域まではっきりと録音、再生できることになります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公証人(public notary)とは

公証人(public notary)とは
公証人(public notary)は法務大臣の任命により法務局に所属し、公証人役場で法律行為に関する事実について、「公正証書」を作成し、私署証書に認証を与える等の権限を有する公務員のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

講習会商法(‘school’sales)とは

講習会商法(‘school’sales)とは
講習会商法(‘school’sales)は講習会の名目で消費者を集め、結果的には高価な商品をクレジットで買わせる悪質商法のことです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公社債投資信託(bond investment trust)とは

公社債投資信託(bond investment trust)とは
公社債投資信託(bond investment trust)は投資信託の1つの形態で、株式で運用せず、主に元本が安全確実な公社債で運用し、余裕金はコール・ローンや手形割引等で運用するのもです。1961(昭和36)年発足しました。通常1万円が申し込み単位です。株式投資信託(運用対象に株式が含まれている投資信託)同様、新しい資金の追加が行なわれるかどうかにより単位型と追加型に分類され、前者には無分配型国債ファンド(ジャンボ)、後者には中期国債ファンド、利金ファンド等があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公社債(bonds and debentures)とは

公社債(bonds and debentures)とは
公社債(bonds and debentures)は国、地方公共団体、公社・公団・公庫等の政府関係機関、銀行、事業会社等が、投資家からいて一定期間資金を借り入れるために発行する公債および社債の総称で、単に「債券」とも呼ばれます。一般的に、@発行者の種類によって国債、地方債、金融債、社債等に、A償還期限の長さによって短期債(1年以内)、中期債(2〜5年程度)、長期債(10年程度)、超長期債(20年程度)、永久債等に、Bクーポンの有無によって利付債、と割引債に、C担保の有無によって担保付債と無担保債に、D償還方法によって満期一括償還と定時償還、等に分類されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公示送達(service by publicarion;service by public notificarion)とは

公示送達(service by publicarion;service by public notificarion)とは
公示送達(service by publicarion;service by public notificarion)は裁判所書記官が送達する書類を保管しておいて、送達を受けるものが出てくれば、いつでもそれをその者に交付することを、裁判所の掲示板に掲示することによって行なう送達方法のことです。当事者の住所が知れない場合など、送達の方法がないときにとられます。送達書類の交付ができなければ訴訟手続きが進まないため、交付の機会を与えることを公示し送達したことにする制度で、最後の手段としてなされます。送達とは、当事者をはじめとする訴訟関係者に対し、訴訟に関する書類の内容を知らせるため、法定の形式に従ってその書類を交付する裁判所の行為をいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公示催告(public summons)とは

公示催告(public summons)とは
公示催告(public summons)は有価証券(手形、小切手など)を紛失した場合などに、紛失した手形・小切手を「無効」にし、さらに手形・小切手なしに債務者に対して権利行使をするには、公示催告によって裁判所から除権判決を得る必要があります。公示催告は簡易裁判所の専属管轄とされ、裁判所は官報または公報に提示を出し、公示催告機関(6ヵ月)内に第三者から権利の届出がなければ、除権判決を出します。公示催告期間中に第三者からの届出があった場合、そのものが善意の第三者(holder in kue course)であるかどうかが、争われることになります。

関連ワード>善意に第三者
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公示(public desclosure)とは

公示(public desclosure)とは
公示(public desclosure)は公の機関が、官報、公報、新聞紙上などで、ある事柄を一般に知らせることをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

口座振替(account transfer)とは

口座振替(account transfer)とは
口座振替(account transfer)は預金口座振替制度のことです。預金者の依頼に基づき、金融機関が指定された日に一定金額を預金者の口座から収納企業など他の預金口座へ振り替える仕組みをいいます。公共料金、クレジット利用代金、授業料などの支払やローンの返済に利用されます。その前提として、金融機関は預金者から口座振替依頼書を徴求し、収納企業との間で口座振替契約を締結します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

口座(account)とは

口座(account)とは
口座(account)は会計帳簿で、資産、負債、資本の増減や損益の発生を項目別に記入・計算する場所です。単に預貯金口座をさす場合もあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

考査(Bank of Japan's examination of banks)とは

考査(Bank of Japan's examination of banks)とは
考査(Bank of Japan's examination of banks)は信用秩序の維持・育成を目的として、日本銀行が個別金融機関に立入調査を行なってその資産・負債内容や事務処理の状況を掌握し、必要に応じて指導・助言を行なうことです。この日銀考査は、日本銀行法により取引先の金融機関との契約に基づいて行なわれます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

抗告(‘kokoku’appeal)とは

抗告(‘kokoku’appeal)とは
抗告(‘kokoku’appeal)は決定や命令に対する独立の上訴方法のことです。一般抗告と特別抗告とがあり、前者はその性質によって通常抗告と即時抗告とに分かれます。通常抗告は原則として広く裁判者がした決定に対して認められ、即時特にこれを許す明文の規定がある場合にのみ行なうことができます。抗告に代わるものとして、異議申立てと準抗告があります。

関連ワード>即時抗告、準抗告
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

公告(public notice)とは

公告(public notice)とは
公告(public notice)は国や地方自治体が主催する通知行為です。@利害関係者に申立ての機会を与える、A一定の公的通知を一般に知らせる、B所在不明者に対する通知、等が目的です。

関連ワード>公示催告
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

後見人(guardian)とは

後見人(guardian)とは
後見人(guardian)は未成年者や成年被後見人を後見する人のことです。家庭裁判所が選任します。未成年者後見人には同意見と取消権があり、成年後見人には取消権があります。また、未成年者後見人は1人しか認められていませんが、成年後見人は複数でも、法人でもよいとされています。

関連ワード>成年後見人、未成年者契約の取消権
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。