名宛人(drawee; addressee)とは

名宛人(drawee; addressee)とは
名宛人(drawee; addressee)は文書の発行相手のことです。有価証券等が特定人を指定して作成された場合、その指定された人を名宛人といいます。draweeは小切手の名宛人です。addresseeは信用状(letter of credit)の名宛人です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「な」から始まる金融用語解説

トリプルカード(triple card)とは

トリプルカード(triple card)とは
トリプルカード(triple card)は1枚のカードに3社の機能を持たせたカードです。その代表例は、郵貯のキャッシュカードと信販・小売店のダブルカード(提携カード)がドッキングしたクレジットーカードです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

取引停止処分(disposition by suspension of bank credit)とは

取引停止処分(disposition by suspension of bank credit)とは
取引停止処分(disposition by suspension of bank credit)は6ヵ月以内に2回の不渡り手形を出した企業に対して、手形交換所参加金融機関がとる制裁措置です。取引停止処分になると、2年間は手形交換所参加銀行との「当座取引」および「貸出取引」が禁止されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

取立て行為の規制(restriction for debt collection)とは

取立て行為の規制(restriction for debt collection)とは
取立て行為の規制(restriction for debt collection)は債権の回収行為に関する規制です。貸金業規制法21条で、「債権の取立てをするに当たっては、人を威迫しまたはその私生活もしくは業務の平穏を害するような言動により、その者(債務者)を困惑させてはならない」としています。また、1983(昭和58)年9月30日の大蔵省銀行局長通達第2項第3号「取立て行為の規制」は次の通りです。
@貸金業者または、債権の取立てについて委託を受けた者は、債務者、保証人等を威迫するような次のような言動を行なってはならない。
(イ)暴力的態度
(ロ)大声をあげたり、乱暴な言葉を使ったりすること
(ハ)多人数で押しかけること、等
A債務者、保証人などの私生活または業務の平穏を害する次のような言動を行なってはならない。
(イ)正当な理由なく、午後9時から午前8時まで、その他不適当な時間帯に電話で連絡し、または電報を送達しまたは訪問すること
(ロ)反覆または継続して、電話で連絡し、もしくは電報を送達しまたは訪問すること
(ハ)はり紙、落書き、その他いかなる手段であるを問わず、債務者の借入れに関する事実、その他プライバシーに関する事項などをあからさまにすること
(ニ)勤務先を訪問して、債務者、保証人を困惑させたり、不利益を被らせたりすること
Bその他債務者、保証人等に対し、次のような行為をしてはならない。
(イ)他の貸金業者からの借入れまたはクレジットカードの使用等により弁済することを要求すること
(ロ)債務処理に関する権限を弁護士に委託した旨の通知、または調停その他裁判手続きをとったことの通知を受けた後に、正当な理由なく支払請求をすること
(ハ)法律上支払義務のないものに対し、支払請求をしたり、必要以上に取立てへの協力を要求すること
(ニ)その他、正当と認められない方法によって請求したり、取立てをすること
 この通達は1998(平成10)年6月に廃止されましたが、その内容は金融庁事務ガイドラインに引き継がれています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

トランスユニオン(Trans Union)とは

トランスユニオン(Trans Union)とは
トランスユニオン(Trans Union)は米国の大手クレジットユーロー(個人信用情報機関)です。本部はシカゴです。エキファックス、エクスペリアンと並ぶ3大クレジットユーローの1つです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

トランザクション(transaction)とは

トランザクション(transaction)とは
事務処理。取扱い。商取引。交流。取引状況をコンピュータに入力するためのデータをトランザクションと呼ぶこともあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

トラベラーズチェック(TC=traveler's check)とは

トラベラーズチェック(TC=traveler's check)とは
トラベラーズチェック(TC=traveler's check)は旅行者用小切手のことです。現金を持ち運ぶ面倒と危険を防ぐために、海外旅行などに広く使われます。盗難、紛失などの場合でも再発行してもらえ、使用期限は無期限です。T/Cとも書きます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

友の会(friend circle supported by cepartment store)とは

友の会(friend circle supported by cepartment store)とは
友の会(friend circle supported by cepartment store)は百貨店などが組織している顧客組織です。催し物への特別招待や割引制の特典があることが多いです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

飛ばし(stock shuffling)とは

飛ばし(stock shuffling)とは
飛ばし(stock shuffling)は評価損が出ている有価証券を持つ企業が、損失を表面化させないよう、決算期末前に他社へ勘定を移すことです。通常は決算期が異なる企業の間で処理します。株式相場が急落した場合、「飛ばし」を受けた企業が期末前に他の会社に有価証券を移そうとしても、受け入れる企業がない状態に陥ります。1980年代までは証券会社による損失補てんの手段として使われましたが、1990(平成2)年から証券不祥事で問題化し、証券取引法で禁止されました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

途上審査(monitoring; credit controll)とは

途上審査(monitoring; credit controll)とは
途上審査(monitoring; credit controll)は消費者信用のリスクマネジメント手法の1つです。信用供与を行なった後の、利用者のクレジットの利用状況、返済状況を審査することです。途上審査によって、クレジットライン(信用供与額)の変更や、延滞発生の未然防止、偽造・不正カードの早期発見などに役立てるのが目的です。途上管理、途上与信ともいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

都市銀行(city bank)とは

都市銀行(city bank)とは
都市銀行(city bank)は地方銀行に対するもので、普通銀行のうち東京、大阪に本店、全国主要都市に支店を有する大手銀行をいいます。ここ数年の合併統合の結果、みずほ銀行、三井住友銀行、東京三菱銀行、UFJ銀行の4大グループと、大和銀行グループにあさひ銀行を加えた、りそな銀行グループに集約されつつあります。

関連ワード > 地方銀行
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

独立方式(independent installment sales credit)とは

独立方式(independent installment sales credit)とは
独立方式(independent installment sales credit)は小売業者が、自社で商品を割賦販売し、自分自身で回収するシステムです。自動車ディーラー、月賦販売店などの自社クレジットがこれに該当します。

関連ワード > 系列方式
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

独立設置ATM(stand-alone ATM)とは

独立設置ATM(stand-alone ATM)とは
独立設置ATM(stand-alone ATM)は店舗外ATMのことです。ATMは、その設置方法により、店内ATM、外壁ATMなどさまざまなタイプがあります。

関連ワード > スタンドアロン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

独立行政法人(agency)とは

独立行政法人(agency)とは
独立行政法人(agency)は中央省庁の再編の一環として、その試験研究部門や業務執行部門などを本体から分離し、独立組織としたものです。行政組織の軽量化・効率化を図る目的でイギリスのエージェンシーの制度を参考に導入されました。1999(平成11)年1月6日施行の独立行政法人規則法に基づいて2001年から独立行政法人への移行が実施され、すでに国税庁の醸造研究所、文化庁の国立博物館、国立近代美術館等が移行し、2003年度には財務省の造幣局、印刷局等の移行が予定されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

特別マル優(special non-tax system for small savings)とは

特別マル優(special non-tax system for small savings)とは
特別マル優(special non-tax system for small savings)は正式には「少額公債非課税制度」といい、国債、公募地方債については、マル優と別枠で1人につき元本300万円まで非課税とする制度です。国債などの個人購入を促進するために設けられましたが、1988(昭和63)年の税制改正により原則廃止されて、現在では高齢者・母子家庭などにのみ認められています。

関連ワード > マル優
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

特別会員(special members)とは

特別会員(special members)とは
特別会員(special members)は特別の会員、特典のある会員をいいます。クレジットカード会社が特別会員という場合は、一般にプレミアムカード会員をさすことが多いです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

特典付きカード(credit card with premium)とは

特典付きカード(credit card with premium)とは
特典付きカード(credit card with premium)は通常のクレジット機能に加えて、さらに利用者にとって有利な特典を付加したカードのことです。代表的な特典としては、利用状況に応じたポイント付加による景品交換やキャッシュバック、マイレージサービス、傷害保険やショッピングガード保険の付帯、無料電話相談(情報提供)、各種チケット予約代行サービスなどがあります。銀行系、信販系、流通系のクレジットカードに加えて、近年はそれらと提携した石油会社系、航空会社系、ホテル系等の業態別カードや、百貨店など自社グループ内のみで通用するハウスカードも広く普及しています。発行会社側は、顧客データの把握とその蓄積による顧客管理や囲い込み、商品提供などがねらいであり、一方、顧客側は割引や各種付帯サービスを享受できます。

関連ワード > ポイントサービス、マイレージサービス
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。