BtoB/BtoC(B2B/B2C)(business to business/business to cnsumer)とは

BtoB/BtoC(B2B/B2C)(business to business/business to cnsumer)とは
BtoB/BtoC(B2B/B2C)(business to business/business to cnsumer)は、企業(business)や消費者(consumer)がインターネットを利用して電子的に商品やサービスなども売買を行う仕組みを電子商取引(EC=electronic commerce)と呼んでいるが、この仕組みで企業どうしによるタイプが「ビジネス・トウ・ビジネス」、略してB2Bと呼ばれ、一方、企業と消費者との間の電子商取引を「ビジネス・トウ・コンシューマー」、B2Cと略されています。カード業界でいえば、加盟店や提携先との間の電子商取引はB2B、カード会員との取引はB2Cということになります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

PDA(personal digital assistants)とは

PDA(personal digital assistants)とは
PDA(personal digital assistants)は、パーソナル・デジタル・アシスタンツ「小型携帯端末」のことです。ノートパソコンより小型・軽量で持ち歩くことのできる情報端末機器です。ウインドウズCEを使ったポケットPC、パームOSを使ったパーム端末などがあります。日本では、シャープのザウルスも代表的なPDAの1つです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

PL法(製造物責任法)(Product Liability Law)とは

PL法(製造物責任法)(Product Liability Law)とは
PL法(製造物責任法)(Product Liability Law)は、消費者は購入した商品の欠陥が原因で人身または財産に損害を受けた場合に、商品の製造者の責任(製造物責任)について定めた法律です。1994(平成6)年6月成立、1995年7月1日執行しました。製造物賠償責任の英文(Product Liability)を略してPL法といいます。製造者の無過失責任を認めた点に最大の特色があります。従来消費者が損害賠償を求めるには、製造者の商品の製造過程に過失があったことを証明しなければならなかったが、PL法では、商品の欠陥のよって損害を受けたことを証明すれば、製造者の責任を問うことができます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

BISマーケットリスク規制(BIS第二次規制)(BIS capital adepuacy repuirements against market risk)とは

BISマーケットリスク規制(BIS第二次規制)(BIS capital adepuacy repuirements against market risk)とは
BISマーケットリスク規制(BIS第二次規制)(BIS capital adepuacy repuirements against market risk)は、BIS(国際決済銀行)に事務局を置く銀行監督委員会(バーゼル委員会)が、1993年に提案したマーケットリスクを勘案した自己投資比率規制です。国際的に活動する銀行に対して、外国為替ならびにトレーディング勘定に保有する債権および株式のヘッジされていないポジション(派生商品のポジションを含む)の価格リスク(マーケットリスク)に明示的に所要自己資本を課すことを企画したものです。従来のBIS規制(自己資本比率規制)では、信用リスク(与信先が倒産するなどのリスク)だけが対象となっており、いずれマーケットリスクを取り込む形で拡大されねばならないことが認識されていました。新しく対象となる債権、株式については、従来のBIS規制をマーケットリスクを規制で代替するもので、必ずしも規制強化につながるわけではないが、わが国ではマーケットリスク規制を「BIS第二次規制」と呼ぶこともあります。

関連ワード>自己資本比率規制
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

PR (public relations)とは

PR (public relations)とは
PR (public relations)は、パブリックリレーションズです。略してピーアールです。企業などの組織体が公衆やメディア、関係諸機関と良好な関係をつくるための行う活動のことです。PR活動の中心的手段に「パブリシティ(publicity)」、すなわち、無料で報道機関に取りあげてもらう手段があります。

関連ワード>IR
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

ピア・トゥ・ピア (P2P) (peer to peer)とは

ピア・トゥ・ピア (P2P) (peer to peer)とは
ピア・トゥ・ピア (P2P) (peer to peer)は、「仲間間電子商取引」のことです。個人のもっているパソコンがデーターを格納するサーバーの役割を果たし、各自が個人のパソコンを直接に検索してファイルを交換する仕組みです。ファイルには音楽・映像・金額データーなどがあります。また、「ナップスター(Napster)」のように中央サーバーでファイルリストを管理しているネットワークと、「グヌーテラ(Gnutella)」のようにまったくサーバーという関係が生じないでそれぞれのパソコンが対等(peer)にデーターのやりとりをするところから、「ピア・トゥ・ピア」と呼ばれています。

関連ワード>クライアント・サーバー・システム
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

(社)日本クレジット産業協会(JCIA=Japan Credit Industry Association)とは

(社)日本クレジット産業協会(JCIA=Japan Credit Industry Association)とは
(社)日本クレジット産業協会(JCIA=Japan Credit Industry Association)は略称;JCIAです。通産省の管轄下にある業界組織です。1985(昭和60)年7月、社団法人日本日本割賦協会から名称変更しました。メーカー系割賦販売業者が中心メンバーでしたが、現在は消費者信用に携わるすべての業界を会員にする方向を強めています。主な活動としては、@毎年「日本の消費者信用統計」を発刊、A消費者教育事業の展開、B業者対象の各種セミナーの開催、C各業界別の部会、懇談会の開催、D信販協会、日本信用情報センターとの提携による「信用情報センター」(CIC)の設立などがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

(財)日本クレジットカウンセリング協会(Japan Credit Counselling Association)とは

(財)日本クレジットカウンセリング協会(Japan Credit Counselling Association)とは
(財)日本クレジットカウンセリング協会(Japan Credit Counselling Association)は借入れが多重・多額となり返済不能に陥った債務者の相談・債務整理機関として、1987(昭和62)年3月、(社)日本クレジット産業協会(クレ産協)が中心となり、通産省(現経済産業省)の許可により設立されました。クレ産協会員が主な出資者となって財団法人として運営してきましたが、債務者の債務が複合化し、クレジット業界だけの問題ではなくなってきたため、2002(平成14)年4月から銀行、消費者金融会社も出資参加する全業態型相談機関として再スタートを切りました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

日本クレジットカード協会(JCCA=Japan Credit Card Association)とは

日本クレジットカード協会(JCCA=Japan Credit Card Association)とは
日本クレジットカード協会(JCCA=Japan Credit Card Association)は略称;JCCAです。銀行系クレジットカード会社が組織している業界組織です。会長は大手銀行系カード会社が1年交替で持ちまわり形式になっています。1984(昭和59)年発足です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

日本銀行法(the Bank of Japan Law)とは

日本銀行法(the Bank of Japan Law)とは
日本銀行法(the Bank of Japan Law)は日本の中央銀行の根拠法規として明治15年6月制定の「日本銀行条例」に代わり、1942(昭和17)年2月24日に公布された法律です。1949(昭和23)年6月の日本銀行政策委員会の設置、1957(昭和32)年5月の準備預金制度の権限に関する改正など、数回の改正が行なわれましたが、バブル経済の崩壊、その後の金融機関の不良債権の発生などにより失われた金融行政への信頼回復の一環として、全面改正がなされ、1998(平成10)年4月から施行されました。改正の主眼は日銀の独立性と政策運営の透明性を高めることにあります。具体的には、政府による日銀への業務命令権や内閣による総裁解任権が削除され、総裁・副総裁人事の国会同意だけが盛り込まれる一方で、日銀政策委員会の権限が大幅に強化されました。また、日銀に求められる金融政策として「物価の安定」が明文化され、その目標を達成するために予防的な政策を行なうこと、さらに、政策の透明性を確保するために、政策委員会の議事録は公開されることになりました。

関連ワード > 日本銀行政策委員会
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

日本銀行特別融資(special finance(loan) of BOJ)とは

日本銀行特別融資(special finance(loan) of BOJ)とは
日本銀行特別融資(special finance(loan) of BOJ)は略して「日銀特融」といいます。日本銀行が取引先金融機関に対して、通常業務として行なう貸出とは異なり、天災・恐慌・戦争など非常事態に対処して、救済融資のような特別の目的をもってする融資です。古くは、1923(大正12)年の関東大震災、1927(昭和2)年の金融恐慌に際し行なわれたことがあります。その後、1965(昭和40)年5月の株価暴落に当たり、日本銀行法25条に基づき、山一證券、大井証券に対し特別融資が実施され、1997(平成9)年11月には、北海道拓殖銀行・山一證券・”射曠轡謄6箙圓料蠎,扱弍椎肪勝紛般劃篁漾η儷函砲虜櫃砲蘯損椶�決定されました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

汎用カード(all purpose card;mulutipurpose card)とは

汎用カード(all purpose card;mulutipurpose card)とは
汎用カード(all purpose card;mulutipurpose card)は、加盟店の範囲、種類が特定の店(例えば、自社グループ内の店舗のみなど)に限定されておらず、汎用性の高いクレジットカード

関連ワード>ハウスカード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

販売費及び一般管理費 (selling and administra-tive expenses)とは

販売費及び一般管理費 (selling and administra-tive expenses)とは
販売費及び一般管理費 (selling and administra-tive expenses)は、売上に占める一般的費用です。省略して「販管費」と呼ぶことも多いです。売上げから「売上原価」と「販管費」を差し引いたものが、「営業利益」または「営業損益」であります。クレジット会社の「貸倒れ償却」は、一般的に販管費の中に計上されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「は」から始まる金融用語解説

販売信用 (sales crediti;sales finance)とは

販売信用 (sales crediti;sales finance)とは
販売信用 (sales crediti;sales finance)は、消費者信用のうち、販売に伴って発生する信用システムです。「販売金融」ともいいます。また、商品の売買が介在する金融であることから「間接金融」ともいいます。具体的には個品割賦購入あっせん、クレジットカード・ショッピングなどをさします。

関連ワード>消費者信用、間接金融
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「は」から始まる金融用語解説

バンクPOS (bank-POS=point of sales)とは

バンクPOS (bank-POS=point of sales)とは
バンクPOS (bank-POS=point of sales)は、日本における初期のデビットカードシステムのことです。銀行のキャッシュカードとクレジットカード機能を合体させたもので、キャッシュカードを呈示して買い物をすると、その時点で預金口座から買い物代金が引落し決済されるシステムをいいます。販売店の店頭に置くPOS(ポイント・オブ・セールス=販売時点情報管理システム)ターミナル(端末機)と銀行のホストコンピューターをオンラインで結ぶことによって、売上代金を顧客の預金口座から引き落とし、販売店の口座に入金するシステムです。1984(昭和59)年12月にトヨタ生協本部店と東海銀行豊田南支店の間で初めて導入されました。

関連ワード>デビットカード、Jデビット
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

BANK NET (バンクネット)とは

BANK NET (バンクネット)とは
BANK NET (バンクネット)は、マスターカード・インタナショナルが構築・運用する国際オンラインネットワークシステムです。オーソリゼーション業務、決済業務を処理するオンラインシステムです。

関連ワード>VISA NET(ビザネット) 
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「は」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。