JCFA(Japan Consumer Finance Assosiation)とは

JCFA(Japan Consumer Finance Assosiation)とは
JCFA(Japan Consumer Finance Assosiation)は日本消費者金融協会です。1969(昭和44)年4月、大阪の消費者金融業者を中心に、同業者間の情報交換と、業界の地位向上、消費者の保護を目的として結成された任意団体です。当時は大阪にアコム、プロミス、レイク(現GEコンシューマークレジット)の前身が集中していたため、大手中心の団体となりました。多額債務者への無利子融資を行なう救済更生事業や、月刊専門誌の発行などのほか、毎年、『消費者金融白書』を発行しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

JANコード(Japanese article number)とは

JANコード(Japanese article number)とは 
JANコード(Japanese article number)は「日本商品コード」のことです。OCR(光学式文字読取り装置)用のソースマーキング(会社名や商品分類などをメーカーが商品に印刷または貼りつけること)のための商品識別番号のことです。JIS規格です。合計13桁で、最初の2桁が国名、次の5桁がメーカー名、次の5桁がメーカー内商品番号となっている。この数字(桁)を太さと間隔の異なるバーコード(棒状の記号)で表現しています。米国やカナダで用いられているUPC(universal product code)や欧州のEAN(European article number)と互換性があります。 

関連ワード > OCR
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

シーリング(ceilings)とは

シーリング(ceilings)とは
シーリング(ceilings)は概算要求基準です。各省庁が例年8月までに財務大臣に次年度予算の概算要求を行なうに際し、安易な予算要求を抑え歳出規模の膨張を防ぐ見地から、閣議了解により定められた要求の基準(概算要求基準=ceiling枠)です。昭和36(1961)年度から経済・財政事情の推移等を総合的に勘案して決定されてきましたが、昭和57(1982)年度には概算要求を対前年度同額に抑えるゼロ・シーリング、さらに58年度は56年度の税収不足等厳しい財政事情を勘案して一部の例外を除き57年予算額ら5%削減した範囲内に留めるマイナス・シーリング(投資的経費は前年度同額)、59年度からは10%減(投資的経費は5%減)が導入されました。 63(1988)年度からは投資的経費は前年度同額に緩和されています。 ceilingは天井、価格の最高限界、飛行機の上昇限界などの意味です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

Cirrus(シーラス)とは

Cirrus(シーラス)とは
Cirrus(シーラス)はマスターカード・インタナショナルが展開する世界的ATMオンラインネットワークです。わが国では、カード会社や銀行などが会員サービスの一環として、同社と提携しCirrusマークを表示したクレジットカードやキャッシュカードを発行しており、海外でCirrusマークのあるATMで現金を引き出すことができます。なお、VISAグループが所有しているネットワークはPLUS(プラス)ネットワークといいます。 

関連ワード > PLUS
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

CVV1/CVV2(card verification value 1/card verification value 2)とは

CVV1/CVV2(card verification value 1/card verification value 2)とは
CVV1/CVV2(card verification value 1/card verification value 2)は1991年からビザ・インターナショルが導入した偽造カードをチェックするためのセキュリティコードです。カードのエンボス面には出てこないが、磁気テープの中にエンコード(磁気による記入)をしておきます。 CVV1は裏面の磁気ストライプにエンコードされており、CVV2はサインパネルにプリントされています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

CVC1/CVC2(card validation code 1/card validation code 2)とは

CVC1/CVC2(card validation code 1/card validation code 2)とは
CVC1/CVC2(card validation code 1/card validation code 2)は1991年からマスターカード・インタナショナルグループが導入した、カード偽造対策用のセキュリティコードです。 CVC1は裏面の磁気ストライプにエンコードされており、CVC2はサインパネルにプリントされています。VISAグループのCVVと仕組みは同じです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

GPネット(GP NET=Global Payment Netwoek)とは

GPネット(GP NET=Global Payment Netwoek)とは 
GPネット(GP NET=Global Payment Netwoek)は潟Wー・ピー・ネットです。ビザ・インターナショナルおよび国内のカード会社7社が、1955(平成7)年11月に設立したカードオンラインネットワーク事業会社です。国内に設置されたクレジット端末(SG−T)および加盟店ホストとカード会社間の接続サービス、および加盟店へのデータ還元等の付加価値サービスを提供します。 

関連ワード > VISAネット
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

CPU(central processing unit)とは

CPU(central processing unit)とは
CPU(central processing unit)は中央処理装置です。コンピュータの制御装置と演算装置とを合わせたものです。算術論理演算装置(ALU)、各種レジスタ、命令解読制御回路の3つの部分からなります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

CtoC(C2C)(consumer to consumer)とは

CtoC(C2C)(consumer to consumer)とは
CtoC(C2C)(consumer to consumer)はインターネット上の電子商取引における消費者と消費者との間の取引を、「コンシューマー・トウ・コンシューマー」といいます。 

関連ワード > BtoB(B2B)/BtoC(B2C)
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

GDP(gross domestic product)とは

GDP(gross domestic product)とは 
GDP(gross domestic product)は国内総生産のことです。国民総生産(GNP)から海外で稼得された要素所得を控除し、海外に対する要素所得の支払いを加えた額をいいます。

関連ワード > GNP
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

(財)日本消費者協会(Japan Consumers Association)とは

(財)日本消費者協会(Japan Consumers Association)とは
(財)日本消費者協会(Japan Consumers Association)は1961(昭和36)年に旧通産省の許可を得て設立されました。消費者教育活動、苦情相談、商品テストの実施と「月刊消費者」の発行などを実施しています。また、消費生活コンサルタント養成講座も昭和37年から開設しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

日本消費者カウンセリング基金(JCCF=Japan Consumer Counselling Fund)とは

日本消費者カウンセリング基金(JCCF=Japan Consumer Counselling Fund)とは
日本消費者カウンセリング基金(JCCF=Japan Consumer Counselling Fund)は略称;JCCFです。1997(平成9)年6月、消費者金融連絡会の大手6社を中心に、中堅消費者金融会社が参加して14社によって、多重債務者を対象としたカウンセリング事業の拡充を目的として設立された基金(当初基金総額は約17億円)です。カウンセリングに関する研究活動、カウンセラーの養成のほか、カウンセリング事業を行なう団体に対する寄付助成を行ないます。JCFA(日本消費者金融協会)の金銭管理カウンセリング事業団は、同基金の助成を受けて設立されました。また、業態別に行なわれていたカウンセリング事業の抜本的見直しを行政機関に働きかけ、行政、弁護士会、各業態代表による研究会の運営助成を進めました。その結果、クレジット業界が運営していた日本クレジットカウンセリング協会の、全業態型組織への改正(2002年4月)が実施されました。

関連ワード > 消費者金融連絡会、日本クレジットカウンセリング協会
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

日本商店連盟(日商連)(Japan Independent Stores Association)とは

日本商店連盟(日商連)(Japan Independent Stores Association)とは
日本商店連盟(日商連)(Japan Independent Stores Association)は1953(昭和28)年5月1日設立の全国の中小・中堅商店の集まりです。先発の日専連が、比較的各地の有力業者の集まりだったのに対し、日商連は中小商店が設立時の中心となりました。現在では、日商連と日専連が、わが国の2大小売商団体(小売商チケット団体)を形成しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

日本商工会議所(Japan Chamber of Commerce and Industry)とは

日本商工会議所(Japan Chamber of Commerce and Industry)とは
日本商工会議所(Japan Chamber of Commerce and Industry)は商工会議所法に基づく、各地域の商工業者の団体の全国組織です。1878(明治11)年に東京、大阪、神戸に「商工会議所」が設立、その後、名称・組織の改変を経て、1954(昭和29)年、現行商工会議所法に基づき特別許可法人となりました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

標準損料(standard depletion expenses)とは

標準損料(standard depletion expenses)とは
標準損料(standard depletion expenses)は、割賦販売法6条に規定されている事項で、契約の解除に伴い、クレジット会社(割賦販売業者)が消費者に請求する損害賠償金としての商品使用料を標準化して定めたものです。個々の契約条項にかかわらず(強行規定として)、標準損料について次の制限を加えています。
@当該商品が返還された場合は、
(イ) 当該商品の通常の使用料の額
(ロ) (当該商品の割賦販売価格−返還時点の価格)=価格減少分とすると、この価格減少分が(イ)の額より大きいときは、価格減少分になります。
A当該商品が返還されない場合は、当該商品の割賦販売価格に相当する額です。
B契約解除は商品引渡し前である場合は、契約の締結および履行のために通常要する費用の額です。
割賦販売法6条2項では、このほか、契約が、解除されない場合で、返済不履行の場合は、「割賦販売価格からすでに支払われた額を差し引いた額」と、これに対する「遅延損害金(割増分は年6%)」の合計を超えて請求してはならないとしています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

日本公認会計士協会(Japan Institute of Centified Public Accountants)とは

日本公認会計士協会(Japan Institute of Centified Public Accountants)とは
日本公認会計士協会(Japan Institute of Centified Public Accountants)は1948(昭和23)年制定の日本公認会計士法に基づき設立された、日本における公認会計士の協会組織です。

関連ワード > 公認会計士
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

標準条件制度(standard terms system for sales finance)とは

標準条件制度(standard terms system for sales finance)とは
標準条件制度(standard terms system for sales finance)は、指定商品(とくに家電、自動車などの耐久消費財)のクレジット販売について経済産業大臣が「頭金の割合」と「総返済期間」を定め、告知することです。主に景気対策の一環として実施します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

表見代理(apparent agensy; ostensible agensy)とは

表見代理(apparent agensy; ostensible agensy)とは
表見代理(apparent agensy; ostensible agensy)は、無権代理のうち、無権代理人と本人との関係から、相手方が無権代理人を真正の代理人と信じて法律行為した場合には、その責任を本人に帰属
させて相手方を保護する制度です。民法ではそれに該当するケースとして、@本人がある者に代理権を与えた旨を第三者に対して表示した場合(代理権授与の表示による表見代理。同法109条)、A代理人がその権限を越えて代理行為をした場合(越権行為のよる表見代理。同法110条)、B代理権の消滅後に代理行為をした場合(代理権消滅後の表見代理。同法112条)の3つを規定しています。いずれのケースも相手方が代理権があると信じるについて善意・無過失であるが、そのように信じるについて正当の理由があることを要します。

関連ワード>無権代理
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。