コールセンター(call center)とは

コールセンター(call center)とは
コールセンター(call center)は電話とコンピュータ技術を統合し、効率的な顧客電話対応を行なう施設のことです。従来は、通信販売の受付や顧客苦情処理を行なう電話窓口でしたが、それにIT技術が加わり、オペレーターが電話を受け取ると同時に、相手の情報・取引履歴などをパソコン画面に表示して対応できるシステム(CTT=Computer Telephony Integrator)が利用されています。自動音声応答装置も導入されました。また、掛かってくる電話に応対するインバウンドだけでなく、新規顧客の開拓や新商品の販売促進など情報を発信するアウトバウンドの利用も増えています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。