国際キャッシュカードサービス(international cash card service)とは

国際キャッシュカードサービス(international cash card service)とは
国際キャッシュカードサービス(international cash card service)は海外の提携ATMを利用して、日本国内の普通預金口座から現地通貨を引き出したり、預金残高を照会できるサービスのことです。専用のキャッシュカード(国際キャッシュカード)を作成する必要があります。1997(平成9)年11月に、旧住友銀行がビザ・インターナショナルの国際ネットワーク「プラス(PULS)」に接続された世界100ヶ国以上のCD・ATMで、また旧富士銀行はマスターカード・インタナショナルが運営する国際オンライン網「シーラス(Cirrus)」に接続された世界110以上のCD・ATMでこのサービスを開始しました。

関連ワード>PULS、Cirrus
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578066

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。