独占禁止法(Anti-Monopoly Law; Act concerning Prohibition of Private Monopoly and Maintenance of Fair Frade)とは

独占禁止法(Anti-Monopoly Law; Act concerning Prohibition of Private Monopoly and Maintenance of Fair Frade)とは
独占禁止法(Anti-Monopoly Law; Act concerning Prohibition of Private Monopoly and Maintenance of Fair Frade)は正式には、「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」といいます。私的独占、不当な取引制限(カルテル)、不公正な取引(不当廉売=ダンピング、抱き合わせ販売等)などを禁止し、自由競争を通じて企業活動を盛んにするための法律です。公正取引委員会は、不正行為があった場合、申告に基づいて調査し、違反行為者に対して違反状態を解く措置を命ずる排除措置命令や、カルテルに対する課徴金などの措置をとることができます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578067

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。