特定債権法(Regulation for Securitization of Specific Credit)とは

特定債権法(Regulation for Securitization of Specific Credit)とは
特定債権法(Regulation for Securitization of Specific Credit)は正式名称は「特定債権等に係る事業の規制に関する法律」です。1992(平成4)年制定、1993年6月施行です。「リース・クレジット債権流動化法」とも呼ばれます。リース料債権や割賦債権等の「特定債権」に限定して、資産流動化・証券化(セキュリタイゼーション)を図るもので、割賦債権にはクレジットカード債権や自動車ローン債権などが含まれます。1996年4月に改正され、特定債権担保証券(ABS)の国内発行が可能になりました。

関連ワード > ABS
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578070

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。