特定商取引法(特定商取引に関する法律)とは

特定商取引法(特定商取引に関する法律)とは
特定商取引法(特定商取引に関する法律)は訪問販売法(訪問販売等に関する法律)を2000(平成12)年の改正により改題したものです。2001(平成13)年6月1日から施行されました。訪問販売、通信販売、電話勧誘販売のいわゆる無店舗販売は店頭販売に比べて、過度の勧誘行為、契約内容が不明確、販売業者等の責任追及が困難であるといった問題点が指摘され、その法規制の必要から1976(昭和51)年に訪問販売法が制定されました。その後、上記の無店舗販売以外にも連鎖販売取引(マルチ商法)、特定継続的役務提供(エステティックサロンなど)、業務提供誘引販売取引(内職商法やモニター商法)に適用範囲が拡大され、改題に至りました。各取引について契約申込み時の書面の交付および契約書面の交付義務、クーリングオフなどの規定を置くほか、訪問販売協会および通信販売協会による購入者や利用者からの苦情の解決を求めています。

関連ワード > クーリングオフ
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。