特定通信回線(specified circuit service for data communication)とは

特定通信回線(specified circuit service for data communication)とは
特定通信回線(specified circuit service for data communication)は月額定額料金制のデータ通信用の借り切り通信回線のことです。電々公社(現NTT)が1971(昭和46)年からこの特定回線の貸出しを始めています。1982(昭和57)年10月の通信回線自由化により、複数企業が共同利用したり、他人のデータを送ることなどを禁止していた規制が大幅に緩和されました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。