国際決済銀行(BIS=Bank for International Settlements)とは

国際決済銀行(BIS=Bank for International Settlements)とは
国際決済銀行(BIS=Bank for International Settlements)は略称はBISです。1930(昭和5)年5月、主要国中央銀行の共同出資によりスイスのバーゼルに設立された国際的特殊銀行です。設立当初は第一次世界大戦後のドイツの賠償支払いの円滑処理が主たる目的でしたが、第二次大戦後は、@各国中央銀行間の金融決済の実行、A重要な国際金融問題に関する各国中央銀行による討議、B国際金融問題についての調査・分析活動、などに当たっています。日本(日銀)は第二次大戦中と戦後の空白期間と経て、1970(昭和45)年1月1日に出資を再開しました。日本を含めた主要中央銀行は、定期的あるいは臨時に会合をもち、国際金融問題や金融システムに関する提言を発表することもあります。そのほか、中央銀行の金・為替販売や中央銀行の預金の受入れ、ヨーロッパ通貨協力基金などの代行、国際金融の統計資料公表など重要な役割も担います。特にユーロ市場に関する情報と統計資料は最も権威あるものとして利用されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。