特定目的会社(SPC=special purpose company)とは

特定目的会社(SPC=special purpose company)とは
特定目的会社(SPC=special purpose company)は資産を流動化・証券化するために資産を保有する、いわば器となる会社のことです。英語の頭文字からSPCと呼ばれます。資産流動化法(資産の流動化に関する法律。平成10年法律105号)の特定目的会社制度に基づいて設立される社団法人で、最低資本金は10万円とされます。金融機関や不動産会社などの原債権者(オリジネーター)から債権や不動産の譲渡を受け、それを引当てに有価証券(資産対応証券)を発行します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。