システム金融(‘system' finance)とは

システム金融(‘system' finance)とは
システム金融(‘system' finance)は悪質金融の手口の1つです。数社の社名を使い、次々と高金利で融資を行なって自転車操業状態をシステム的に作ります。債務者は短期間で破綻しますが、その間に業者は融資額の10倍以上の利益を得ます。具体的には、まず1社がターゲットとなる顧客(破綻状態にある零細企業、個人)をDMなどで勧誘し、少額を「10日に5割の利息」などの条件で貸し付けます。 10日ごとに督促して振り込ませた後、これ以上支払えなくなったところを見計らって別の社名で営業をかけ、同じように貸し付けます。これを5社から10社の社名をもって次々と行なっていきます。バブル経済崩壊後、銀行からの借入返済に行き詰まった零細企業や自営業者をターゲットとして始まった手口ですが、最近は返済に行き詰まった多重債務者、通常の金融機関・ノンバンクから借入れできなくなった自己破産者などの個人を相手にしはじめ、被害は拡大しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。