バックアップサービサー (backup servicer)とは

バックアップサービサー (backup servicer)とは
バックアップサービサー (backup servicer)は、資産・債権の流動化において、本来のサービサーが信用不安等を引継ぐ者をいいます。証券化商品の投資家は、購入した資産の信用力を頼んで投資を行っています。しかし、サービシングをオリジネーターが破産した場合、投資家への利払い・償還に支障が生じます。こうしたことを回避するため、とくに格付けを取得する証券化において、格付期間がこのような場合に備えて、「サービサーの公代」を当初から仕組みのなかに組み込むことが多いです。このため、バックアップサービサーの格付けが要請されています。

関連ワード>サービサーの
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「は」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578141

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。