BANKS (バンクス)とは

BANKS (バンクス)とは
BANKS (バンクス)は、Bank Cash Serviceの略で、都市銀行が提供する共同オンラインキャッシングサービスのことです。このシステムがあるため、都銀のキャッシュカードを持つ顧客は、別のどの都銀に設置された現金自動支払機(CD)、現金自動預入支払機(ATM)を用いても、自己名義の預金口座からの現金引出しや同口座の残高照会を行うことができます。1984(昭和59)年1月都銀間で形成された2つのCD・ATM共同利用サービス、SICS(都銀6行間で1980年3月開始)とTOCS(都銀7行間で1980年4月開始)が統合してBANKSとなりました。その後、BANKSは、1990年2月に地銀と、同年5月に第二地銀および信託銀行と、同年7月に信金、信組、系統農協、労金と提携したため、都銀のキャッシュカードの利用範囲が広がりました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「は」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。