ビジネスモデル特許 (business model patent)とは

ビジネスモデル特許 (business model patent)とは
ビジネスモデル特許 (business model patent)は、コンピューターやネットワークを利用したビジネスの手法や、新しい事業方法に関する特許です。特許には、具体的で現実的な結果が伴うことが必要とされます。アメリカで認められたビジネスモデル特許では、「ワンスリック特許」「逆オークション特許」が有名です。日本では、特許庁がソフトウェアの発明と同様の審査基準によってビジネスモデル特許を与えるという判断がしめされています。出題例として、銀行の「テレホンバンキング方法」、シンクタンクによる「電子証券の発行および処理システム」などがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「に」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。