ビックバン(Big Bang)とは

ビックバン(Big Bang)とは
ビックバン(Big Bang)は、1986(昭和61)年10月27日に英国証券取引所が実施した証券制度の大改革を、「宇宙創成時の大爆発」のなぞらえていいます。主な内容は、@売買手数料の自由化、A株式売買のコンピューター利用による無人化、B取引所会員権の開放による銀行資本の市場参加、C従来は禁じられていたジョバーとブローカーの兼営の許可、D日本の有価証券取引税に当たる株式取引税の1%から0.5%への引下げなどです。金融機関の競争の促進と国際金融センターとしてのシティの国際競争力の強化が目的です。なお、「日本版金融ビッグバン」は1996(平成8)年に打ち出された金融制度の大改革をいいます。

関連ワード>日本版金融ビックバン
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。