百貨店業者の総合割賦の自粛通達(notification of the minister of MITI for department store's self-restrictions on installment credit cards)とは

百貨店業者の総合割賦の自粛通達(notification of the minister of MITI for department store's self-restrictions on installment credit cards)とは
百貨店業者の総合割賦の自粛通達(notification of the minister of MITI for department store's self-restrictions on installment credit cards)は、1959(昭和34)年10月24日に出された百貨店のクレジットカード(分割払いカード)を規制する目的の通達大臣通達です(「百貨店業者の割賦販売の自粛のついて」)。「34年通達」ともいいます。1992(平成4)年に廃止されたが、この通達によって、日本信販は大阪、名古屋などの支店を閉鎖する事態に追い込まれました。また、この通達が足かせとなって、日本における流通系カードの発展は、米国に比べ立ち遅れるこのになりました。主な内容は以下の通りです。
@百貨店業者は、東京および政令指定都市は1口1
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ひ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。