スワップ取引(swap transaction)とは

スワップ取引(swap transaction)とは
スワップとは「交換」の意味です。スワップ取引(swap transaction)は国際金融取引で、複数の取引参加者がお互いの債権・債務のキャッシュフローの現在価値を交換する取引です。1982(昭和57)年から次第に活発化し、1984年以降急速に成長しましたが、インターバンク取引(金融機関どうしの取引)の拡大と共に一層の拡大をもたらしました。「通貨スワップ」は、異なる通貨で新規ないし既存債務をもつ2つの借入者が、債務の交換を行うものです。例えば、日本企業がドル建債を発行し、アメリカ企業が円建債を発行して債務のスワップを行なえば、それぞれ円建・ドル建債を発行するよりも低コストの資金調達が可能な場合などに行われます。また、「金利スワップ」とは、金利支払いが交換されるもので、元本は対象とされません。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「す」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。