制限能力者とは

制限能力者とは
制限能力者は未成年者、成年被後見人、非保佐人および被補助人(民法16条1項の同意権付与の審判を受けた者)の総称です。1999(平成11)年の民法改正(2000年4月1日施行)で改正された成年後見制度上の用語(民法19条1項)です。改正前は未成年者、禁治産者および準禁治産者を行為無能力者または無能力者と呼び、親権者、後見人および保佐人による保護の対象としました。

関連ワード > 成年後見制度
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「せ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。