CALS(キャルス)(commerce at light speed)とは

CALS(キャルス)(commerce at light speed)とは
CALS(キャルス)(commerce at light speed)はコンピュータ支援による兵站(へいたん)管理運用のシステムです。1980年代末に組織ができ、90年代にはヨーロッパにも広がりました。本来は軍事部門の情報システムとして開発されたものですが、今日では標準化と情報統合技術を用い、装備品などの設計・開発生産・調達・管理・後方支援など商品のライフサイクル全般に関して、経費削減・リードタイム短縮・品質向上を目指す官民一体の戦略的アプローチです。管理コスト・時間・品質向上を図るうえで注目されているシステムの1つです。なお、CALSとは旧通産省が「生産・調達・運用支援統合情報システム」と意訳した頭文字であり、英語の正式表記はcomputer aided logistic support(1985年)、computer-aided acquisition and logistic support(1989年)、continuous acquistion and lifecycle support(1993年)、commerce at light speed(1995年)と、用途概念の変化に合わせて変遷しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。