強行規定(forcible provisions)とは

強行規定(forcible provisions)とは
強行規定(forcible provisions)は公の秩序維持の観点から当事者の意思にかかわりなく適用される規定をいいます。当事者間の契約内容が優先し排除される規定を任意規定というのに対します。公法上の規定の多くや私法上でも親族・相続、物権、会社など第三者の利害に関するものは強行規定であることが多いです。

関連ワード>任意規定
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578296

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。