強制和議(compulsory composition)とは

強制和議(compulsory composition)とは
強制和議(compulsory composition)は破産宣告後、破産債権者と破産者との協定で、配当以外の弁済方法を定めて破産手続きを終結させる制度のことです。破産法に規定があり、債権者集会に出席した債権者の過半数で、かつ届出権の4分の3以上の同意があれば可決されます(同法306条)。不服のある少数債権者を拘束することから、強制和議といわれます。2003(平成15)年の破産法改正では、この制度自体が廃止される方向です。

関連ワード>個人破産
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。