アベイラビリティ(abailability)とは

アベイラビリティ(abailability)とは
アベイラビリティ(abailability)は一般には信用の利用可能性をいいます。資金の貸し手である金融機関の貸出意欲と能力の程度を示す概念で、資金の借り手側から見れば資金獲得の難易度を示す概念です。金融機関が国際などの有価証券を大量に保有している場合には、わずかな金利上昇により有価証券価格の大幅な下落を招くことなく十分な金融引締め効果が発揮できるという理論が「アベイラビリティ理論(availability doctrine)」です。R・V・ローザ(Roosa)によって提唱され1950年代のアメリカにおける金融対策の理論的支えとなっていました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「あ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578306

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。