暗証番号(RIN=personal identfication number)とは

暗証番号(RIN=personal identfication number)とは
暗証番号(RIN=personal identfication number)はクレジットカードやキャッシュカードを発行する際に登録し不正使用(他人使用)を防ぐための番号のことで本人であることを確認する方法の1つです。銀行はかつてキャッシュカードの磁気テープに暗証番号を直接記憶させていましたが市販の簡単な磁気読み取り装置でこの暗証番号を読み取ることができるため消費者保護の観点から問題があると指摘され現実に犯罪もおきました。したがって現在では一般にはカードの磁気テープには暗証番号をエンコード(磁気テープに記入する事)せずにセンターマシンの方に記憶させるというやり方を採用しているカード会社が多いです。なお、近年盗まれたり他人に拾われたりしたカードでキャッシングされる事件が多発したりデビットカードシステムの本格稼動が始まったこともあって(デビットカードでは利用者が端末に暗証番号を入力する)、各金融機関やクレジットカード会社では人に推測されやすい暗証番号(生年月日や自宅電話番号)を避けるよう呼びかけています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「あ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。