イーガン・アクト(the Egan Act)とは

イーガン・アクト(the Egan Act)とは
イーガン・アクト(the Egan Act)は1914年米国ニュージャージー州で成立した小口金融法のことで弁護士(後に上院議員)だったチャールズ・M・イーガン(Charles MEgan)が中心になってまとめあげた米国における小口金融法の1号です。その特色は@融資額は300ドルを上限とすること、A金利上限は残債に対し月利3%とすること、B貸金業を開業するにはライセンス(許可)が必要、C申込人は健全であること、D業者は年1回の監査を受けること、E決算報告書を提出すること、F借り手には契約書の明細を発行すること、G差し押さえの場合には配偶者の同意を必要をすること、などです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578316

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。