カード犯罪(card criminal fraud)とは

カード犯罪(card criminal fraud)とは
カード犯罪(card criminal fraud)は他人使用(盗んだり拾ったりしたカードの使用)、不正使用(返済の意思がないのに換金目的商品を購入するなど)、変造、偽造、不着(郵送途上、または郵便箱からの抜取りなど)などの、カードに係る犯罪のことです。日本では、1981年代末から「偽造カード」犯罪が急増しました。わが国のカード業界やVISA、マスターカードの本部では、1991年から92年にかけてCVV、CVCなどの偽造防止対策を導入したり、POC(ポイント・オブ・コンプロマイズ)=偽造カードが多く使われる加盟店)の情報を交換するなど、カード偽造による不正使用の防止対策に力を入れています。日本ではクレジットカード会社は損害保険会社との提携で「カード保険制度」を設けており、カード会員を第三者の不正使用から保護しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「か」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。