カード不正使用(unauthorized use of another's card)とは

カード不正使用(unauthorized use of another's card)とは
カード不正使用(unauthorized use of another's card)はカードを偽造・盗難したり、詐欺を働き、不正にカードを使用することです。カードの盗難や詐欺にあった本人がカード会社に届け出れば、そのカードは「無効カード」として登録され、以後の悪用はかなり予防できます。
カード業界ではCATなどオーソリゼーション端末の普及やカード不正使用探知システムの導入、サインパネルへの本人署名の徹底により、また加盟店においては売上伝票の本人サインの確認により、不正使用の防止に努めています。また、ネットワーク上の不正使用を防止するため、暗号通信や電子署名などの技術が開発され実用化されつつあります。

関連ワード>カード不正使用探知システム
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「か」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。