カード不正使用探知(検索)システムとは

カード不正使用探知(検索)システムとは
カード不正使用探知(検索)システムは紛失・盗難カードや偽造カードが利用された場合、AI(人工知能)により「会員の過去の利用状況」や人工知能が覚えている「不正利用パターン」と照合し、リアルタイムでアラームを発するシステムです。その他の特徴として、最新の「不正利用パターン」を常にシステム自身が学習することが可能です。主なものにプリズム(PRISM)、ファルコン(Falcon)などがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「か」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。