通貨オプション取引(currency option transaction)とは

通貨オプション取引(currency option transaction)とは
通貨オプション取引(currency option transaction)はオプション取引を通貨に適用したものです。「通貨の選択権付先物取引」のことをいいます。「オプション取引」とは、所定の期間内に事前に定めた価格で、特定の資産の売買を実施する選択的権利(権利を行使しなくてもよい)のことです。通貨オプションは、将来の為替変動に対するリスクヘッジ手段として、1980年代後半から普及してきました。

関連ワード > ALM、オプション取引
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「つ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578434

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。