供託法(the Deposit Law)とは

供託法(the Deposit Law)とは
供託法(the Deposit Law)は債務者が弁済しようとしても債権者が受領を拒んだような場合に、債務者は供託所に金銭、有価証券などを供託することによって債務を解消することができます。このような供託の手続きについて定めているのが供託法です。明治32(1899)年公布、その後数回にわたり改正されています。なお、広義には供託手続法規を総称して供託法という場合があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。