金融サービス法(Financial Services Act;Financial Goods Sales Act)とは

金融サービス法(Financial Services Act;Financial Goods Sales Act)とは
金融サービス法(Financial Services Act;Financial Goods Sales Act)は金融商品販売法のことです。金融取引における投資家・利用者の保護を目的とし、利用者の視点に立って、金融取引に適用される一般的なルールを定めた法律です。英国では1986年の「ビッグバン」とほぼ同時に投資家保護のために幅広い金融商品を対象とした一般的な金融取引ルールを定める「金融サービス法」が制定されています。日本でも、1999(平成11)年から旧大蔵省の金融審議会において、「日本版金融サービス法」についての検討が行なわれ、その第1弾として「金融商品販売法(金融商品の販売等に関する法律)」が2000年5月に成立、2001年4月から施行されました。預金など金融商品の販売者に、商品のリスク内容(元本割れするおそれなど)などについての説明を義務付けています。なお、適用される金融商品は、預貯金・信託・保険・有価証券で、郵便貯金・簡易保険・商品先物取引などは除外されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578464

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。