固定資産税(real estate tax)とは

固定資産税(real estate tax)とは
固定資産税(real estate tax)は法人・個人の有する土地、建物、設備など固定資産課税台帳に登録されたもののうち、一定額以上のものについて行なう課税です。原則として市町村(特定の大規模償却資産は都道府県)が課します。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578468

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。