固定為替相場制(fixed exchange rate system)とは

固定為替相場制(fixed exchange rate system)とは
固定為替相場制(fixed exchange rate system)は為替相場の変動を、平価(parity)または基準為替相場(セントラル・レート)の上下一定の幅に限定する制度をいいます。固定為替相場制は世界貿易の発展には資するが、経済の長期的構造変化に対応しえないという難点があります。このほか、為替変動の幅が小さいと、国際収支の自動調節作用が働き難く、かつ金利裁定ないし為替投機に基づく短期資金移動を起こしやすいという欠点もあり、1973年3月以降、主要国通貨は揃って変動為替相場制に移行し、為替相場は市場の実勢によって決められることとなりました。

関連ワード > 変動為替相場制
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578469

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。