コマーシャルペーパー(CP=commercial paper)とは

コマーシャルペーパー(CP=commercial paper)とは
コマーシャルペーパー(CP=commercial paper)は信用力のある企業が短期の資産調達のために発行している単名・自己宛の無担保約束手形です。わが国では1987(昭和62)年11月から発行が認められ、大企業の短期資金の有力な調達手段として定着し、発行残高も拡大しました。発行企業は、CP販売業務を認められている証券会社や銀行との間で販売人契約を結び、発行日の2日前に発行条件を決めます。米国のような企業が機関投資家などに直接売り出す「直接発行」は認められていません。1993(平成5)年4月の証券取引法改正で有価証券の一種となりました。また、当初は金融機関には発行が認めれれていませんでしたが、1988年12月に証券金融会社、90年1月に証券会社、93年6月からノンバンク、94年4月からは保険会社の発行が解禁されました。さらに、95年度の政府の規制緩和の一環で、期間2週間未満および9ヵ月超1年未満のCPの発行も解禁です。リース会社などノンバンクの発行期限(使途制限)も撤廃されました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「こ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578474

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。