全国銀行協会(全銀協)(Japanese Bankers Association)とは

全国銀行協会(全銀協)(Japanese Bankers Association)とは
全国銀行協会(全銀協)(Japanese Bankers Association)は全国銀行を会員とする銀行業界最大の団体(任意団体)です。1999(平成11)年4月、それまでの全国各地の銀行協会の連合体であった全国銀行協会連合会(全銀協)が改組されたものです。会長は都市銀行4行(みずほ、三井住友、東京三菱、UFJ)の頭取の1年ごとの持ち回りとされ、実際の業務は社団法人である東京銀行協会が行なっています。主な業務は、@各種決済制度に関する運営企画、A金融経済に関する調査研究、B関係官庁等に対する要望等です。全国銀行個人信用情報センター、全国銀行データ通信システムを運営しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「せ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578476

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。