(社)全国消費生活相談員協会(Assosiation of Advocators for Consumer Everyday-life)とは

(社)全国消費生活相談員協会(Assosiation of Advocators for Consumer Everyday-life)とは
(社)全国消費生活相談員協会(Assosiation of Advocators for Consumer Everyday-life)は略称;全相協、またはA・エース(A−ACE)といいます。1977(昭和52)年に相談員の全国組織(任意団体)として発足、1987(昭和62)年に社団法人格を得ました。国民生活センターや全国自治体の約300カ所の「消費生活センター」では、年間約40万件にのぼる消費生活相談や苦情を受けているが、こうした現場の専門相談員が組織しているボランティア組織のことです。主な活動は、電話110番(クレジット110番、クレジット個人情報トラブルなど)、調査(通信販売実態調査、有料老人ホーム調査など)、公開討論会の開催、海外消費生活相談員調査団の派遣などです。

関連ワード > 国民生活センター
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「せ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578478

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。