統一経理基準(accounting standard of banks)とは

統一経理基準(accounting standard of banks)とは
統一経理基準(accounting standard of banks)は「業務運営に関する基本事項」に係る旧大蔵省通達に含まれている、金融機関について定められた経理上の基準をいいます。@金融機関の毎期の収益の実態を公表利益に反映させること、A経営責任の明確化、B適正な競争原理の導入、等を目的とし、まず銀行等に1967(昭和42)年9月期に設定されました。内容は、貸出金等資産の償却方法、各種引当金の繰入基準と方法などから成りますが、基準は実体に合わせて変更されています。なお、消費者信用業界では、業種によって、経理処理の特殊事業が存在します。このため、同一業種については、同一の基準に従って経理処理を行なおうということで、信販業界では、1980年代末に一応の統一経理基準がまとめられました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。