統一消費者信用法典(UCCC=Uniform Consumer Credit Code)とは

統一消費者信用法典(UCCC=Uniform Consumer Credit Code)とは
統一消費者信用法典(UCCC=Uniform Consumer Credit Code)は米連邦政府が、1968年に制定(1974年改訂)した模範法です。各州単位でまちまちなsmall loan law(小口金融法)にとって代わるものとして制定したものです。販売信用と消費者金融の全分野を包括した内容となっています。「ユー・トリプルシー」ともいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578505

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。