サードパーティー・プロセッサ(third party processor)とは

サードパーティー・プロセッサ(third party processor)とは
サードパーティー・プロセッサ(third party processor)は米国のカード業界において、発券、請求などクレジットカード業務を請け負う専門企業のことをいいます。一般的には、システム関連業務を中心にほとんどすべての日常業務を請け負う企業です。米国の金融業会ではFDC(First Data Corporation)が有名です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。