サービサー(servicer)とは

サービサー(servicer)とは
サービサー(servicer)は債権回収専門業者です。1999(平成11)年2月施行のサービサー法(債権管理回収業に関する特別措置法)に基づき、債権回収を専門に行なう会社です。「スペシャルサービサー」ともいわれています。従来は、債権回収業は弁護士でなければできなかったが(弁護士法72条、73条)、この法律により、新たに許可を得た専門業者が業をして行なうことを認められました(回特法3条)、サービサーは法務大臣の許可が必要であり、資本金は5億円以上で取締役に最低1名以上の弁護士を選任しなければなりません。2002年9月末現在、サービサーは67社あり、取扱債権の種類については、法人、リテール、信販、リースなどがあります。銀行系、信販・カード会社系では、「受託回収」を中心に事業展開し、消費者金融系では「債権買取り」に注力しているといわれています。新規事業では、直接調達の主流に踊り出た証券化に絡むバックアップサービシング業務の拡大が注目されています。

関連ワード > バックアップサービサー
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。