財形(財形貯蓄)(worker's property accumulation saviings system)とは

財形(財形貯蓄)(worker's property accumulation saviings system)とは
財形(財形貯蓄)(worker's property accumulation saviings system)は勤労者財産形成制度の略です。サラリーマンの資産形成を税制面の優遇策で誘導しようとするもので、1970(昭和45)年成立の勤労者財産形成促進法に基づきます。定例給与から毎月一定額を天引きして貯蓄する形態をとります。一般財形、年金財形、住宅財形の3種類があり、一般財形は20%の源泉分離課税を受けます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。