代物弁済(accord and Satisfaction; Payment in substitution)とは

代物弁済(accord and Satisfaction; Payment in substitution)とは
代物弁済(accord and Satisfaction; Payment in substitution)は債務者が債権者の同意を得て、本来の債務の弁済に代えて、他の物(代物=substitute)を債権者に譲渡、給付して、弁済と同一の効果を有することをいいます(民法482条)。かつては不動産担保について、「代物弁済の予約」や「停止条件付代物弁済契約」が行なわれ、その価値が債権額を大きく上回っても清算を必要としないなどの問題があったが、1978(昭和53)年6月の「仮登記担保契約に関する法律」により、債権者に清算義務を課すなどの規定が設けられました。

関連ワード > 代物弁済の予約
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「た」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578531

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。