クーリングオフ(cooling-off:right of rescission;right of cancellation)とは

クーリングオフ(cooling-off:right of rescission;right of cancellation)とは
クーリングオフ(cooling-off:right of rescission;right of cancellation)はもとは冷却する、頭を冷やすの意です。消費者が訪問販売等で商品の購入も仕込みをした場合、一定の期間内であれば自由に申込の撤回または契約の解除ができる制度または権利をいい、消費者に再考する期間(クーリングオフ期間)を保障するものです。クーリングオフ期間は取引や契約の種類・態様によって異なります。消費者がクーリングオフを実行した場合、訪問販売業者等は損害賠償や違約金の支払いの請求が出来ません。契約解除の意思表示は、「書面」で行なうことが必要です。具体的には、内容証明および配達証明郵便で行ないます。ただし、クーリングオフはあらゆる場合に適用されるわけではなく、特定商取引法や割賦販売法によって次のような適用除外のケースが定められています。
@乗用自動車(割賦販売法では自動車、運搬車)
A使用または一部消費した健康食品、コンドーム、化粧品、履物など
B現金取引でその代金または対価の総額が3
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。